ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん」 みんなの声

おじいちゃんのおじいちゃんの おじいちゃんのおじいちゃん 作・絵:長谷川 義史
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年07月
ISBN:9784892387708
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,663
みんなの声 総数 121
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

121件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 全部は...言えません

    元を正せば人間が猿だったってわかっているけど...  次男に読んだら大笑いしてました。 今度学校の読み聞かせで読んでみようと思いますが、全部『ひい』を言えるかな(笑)

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵本だからこそ

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    小学4年生のブックトークのテーマ「命」で紹介されました。

    「命は続いている」とかお話だけではピンときませんが、これだけ「ひい」が続けば、時代背景も違って、まさかの人類?と猿人類?までいくとは・・・

    絵本だからこそ子どもにわかりやすく、伝わるように感じました。

    掲載日:2009/11/13

    参考になりました
    感謝
    2
  • つながっているんだよ

    子供の心にすっと入り込む、素敵な命の物語。
    …とか思っているのは親だけで、
    実は子供は、字面がおかしくて大好きって感じですけどね。
    ま、このお話の素晴しさは、後々気づいてもらうとしましょう。
    もし、お宅のお子様が「ねぇ、ママは僕が生まれる前、サルだったの?」というすっとぼけた質問をしてきても 「だ〜か〜ら〜」とイライラせずに楽しく答えてあげてくださいね。私もがんばってます。

    命の大切さは、おしつけがましい教訓めいたものなんかより、こんな風にユーモアを交えて自然に学んでいってほしいですね。
    それから、絵本を買うとすぐカバーをはずしてしまう方へ。
    この本についてはカバーも重要。返してあるところを開いて表と裏とをあわせてみてくださいね。

    掲載日:2003/12/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • つながり

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    6歳と9歳の子に読みました。
    6歳はひぃひぃひぃと続く感じが楽しくって仕方ない風でしたが
    9歳の息子は自分のルーツというか
    祖先について思いを巡らせてわくわくしていた感じです。
    自分の身近にいる祖先だけでなく
    すでに亡くなっている先人に思いを巡らせるのはとても楽しいと思います。
    すてきな絵本です

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 結構疲れるけどオススメの一冊です

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    人類の祖先は猿。
    誰でも知ってる常識を描いた一冊ですが。
    そこにたどりくまでの過程がとっても面白い。

    子供にはわかりませんが、
    絵も一枚一枚、時代背景を感じさせるものになっています。

    そして何と言っても面白いのは、
    「ひいひいひいひいひい(以下略)」のくだり。
    もうー読むのが大変でしたが、
    爆笑する子供のために、何回も頑張りました!

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 字が絵になっているんだな

     6年生の読み聞かせで読みました。
    ちょっと幼いかしら…と思いつつも、敬老の日、秋分の日と
    おじいちゃんおばあちゃんに会う機会が多い頃なので選びました。

     読んでみて発見がありました! 低学年で読んだ時よりも
    「ひいひいひいひい…」と続く字の場面での反応が早いのです。
    開くとすぐに笑いが出て、めくるたびに大きくなるのです。
     !なるほど!6年生にとっては、「ひいひいひい…」の
    “字”の部分も“絵”として認識されているのだな。と私なりの
    解釈ですが、感心しました。

     この本は、敬老の日に長谷川さんが函館に絵本ライブに来てくださった際に購入し、サインしてもらった記念の本です。
    これからも、読み聞かせで大事に読んでいきたいと思っています。
    そして、子供さんたちにも、絵本作家さんからサインをもらえることもあるんだよ、そんな楽しみもあるんだよと、知らせていきたいと思っています。
     ライブでは、長谷川さんの多彩な才能に感激しました。

    掲載日:2011/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • おおうけです

    • うさうさこさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子4歳、女の子2歳

    長谷川義史さんの絵が大好きで、おまけに面白そうな題名で思わず手に取ってしまいました。

    幼稚園でも先生が読んでくれたそうで、そのときは「ひいひいひいひい…」のところはみんなで読んだんだそうです。
    読んでいて酸欠になりそうです、笑。
    でも、まじめに考えると気になるなぁ〜って思いました。
    息子も気に入り何度も読んでとせがまれ、いつもひいひい…の所で爆笑します。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息つぎ☆笑

    • むくくさん
    • 20代
    • せんせい
    • 神奈川県

    最初に読んであげたのは2年生☆
    低学年から高学年まで幅広く使わせてもらってます。

    始めは静かに耳を傾けていた子どもたちも
    「ひいひいおじいちゃん」を連呼するうちに大笑い!!
    やっぱり「くりかえし」の言葉が出てくると楽しいのかも♪

    ただ…読むほうは、ちょっと酸欠状態に…ウソ笑
    なので私はワザと最後の「ひいひい…」を読むときに
    「ひいひいひいひいいいいいいい…フーフーあ〜疲れる…」トカ
    言っちゃってアドリブをいれてます!

    でも読んでるこっちも面白い☆

    あと裏表紙に昔の道具の絵が少し載ってるので
    社会の「昔の暮らし」の勉強とかに紹介してもいいかもです。

    掲載日:2010/05/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひい・・・がいっぱい!これ、読みます!?

    • ゆーあーさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子9歳、女の子5歳

    子どもなら誰だって自分のおじいちゃんってどんな人かな?
    そのまたおじいちゃんって!?って考えますよね。。
    「ぼく」のおじいちゃんたち、どんどんどんどん時間はさかのぼり。。
    ちょんまげのおじちゃん。。。
    縄文時代の(?)おじいちゃん。。。
    そしてそしてそのまたひいひいひいひいおじいちゃんは・・・!?

    最初は数回だけの「ひい」もページを追う事に増えていきます。
    ページいっぱいの「ひい」の文字。。。。

    これ、あなたなら全部読みます!?
    娘は大喜び!「すごいよ、すごいよ!いっぱいあるよ!
    ママ、これ全部読んでね!」。。。(^^;
    いや〜、やっぱ無理でしょう。。。
    というわけで、さりげなーく「ひい」の回数を減らし
    ごまかしながら読んでみました。(^^)

    全部読めたママさんがいたら、すごいよな〜。

    親子で楽しめる絵本です。おすすめです。

    掲載日:2008/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読むのは大変、でも大笑い

    先に一人で読んでいた娘が、「もう読めない。読んで〜」と持ってきたのがこの絵本。

    長谷川義史さんの1作目の絵本です。
    僕のおじいちゃんのお父さんはどんな人?という5歳の男の子の素朴な疑問から、時代をどんどん遡っていくのです。

    ひいひいひいひいひいひいひいひいひいおじいちゃんぐらいまでは読めますが、それ以上になると…。辛い。
    ママも読めません〜。

    長谷川さん自身も、全部は読まないでお子さん達に自分で作ったんやろ〜とつっこまれるとおっしゃっている記事を読んで、やっぱりそうだよねと納得。

    でもひいひい読んでいると子ども達は大喜びするので、頑張らざるを得ないんですが…。

    この絵本が出来るまでに3年かかったというだけあって、時代背景もしっかり描かれていて、しかもおもしろいんです。
    じっくりと見ることをおすすめします。

    いつも男の子と一緒にいる、猫とかたつむりを探すのも楽しいですよ。

    掲載日:2007/10/18

    参考になりました
    感謝
    1

121件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット