かものはしくんのわすれもの かものはしくんのわすれもの
作: かないずみ さちこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
わすれんぼのかものはしくん、でもでも、そんなものわすれちゃマズいでしょう!!

くりくり」 みんなの声

くりくり 作・絵:ひろかわ さえこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1999年
ISBN:9784752001348
評価スコア 4.26
評価ランキング 14,715
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • これは 子供たちと遊びたい絵本です
    リズミカルに読んでいくのも 子供心をとりこにしそう
    くりくりがかわいい! くりむしたべた ところから どんどん おもしろく
    リズミカルに声出して読むのがいいですね〜
    しゃっくり くりくり とまらない 
    そこへ 登場した どんぐり  うでまくり    どんぐりが びっくりばこ 

    びっくりして くちから   くりむし  とびだすと しゃっくりがとまったよ

    そのあとの わらいまくり くりくり ダンスは笑えます
    子供たちは 大喜び おしりくりくり これはみんなもおどりたいですよね〜

    楽しくみんなで 踊りたいですね!

    掲載日:2017/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • くりがいっぱい

    いんを踏んでるので

    びっくりやどっきりといった

    『〜くり』がいっぱい出てきます。

    読んでるほうも楽しいですが

    聞いてるほうもそのリズムがよかったのか

    何度もよみました。

    絵もかわいいですよ。

    このシリーズでぷちぷちという絵本が

    大好きなので、こちらもみました。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちいい

    語呂がいいので、読み手も聞き手もとっても聞きやすくて面白かったです。どんぐりとくりのこのキャラクターもうちの子はとっても気にいっていて、お絵かきの時にマネして書いたりするほどでした。読んでいて楽しくなる一冊でした。

    掲載日:2012/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    声に出して読んでいると、なんだか気持ちがうきうきしてきました。
    「くりくり」と繰り返す、楽しい響きが、子供にもお気に入りの様子です。
    それにしても、「くり」がつく言葉って、こんなにたくさんあるんですね。
    言葉の面白さがわかる絵本だと思います。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい言葉♪

    「くり」がつく言葉が、たーーくさん
    出てきます♪
    くりがつく言葉で物語がすすんでいくので、
    リズムがあって、とっても楽しいんですよ♪
    何度読んでも楽しくて、心地よくて、大好きな
    絵本です!!
    絵もかわいくて、愛着がわくんです!!
    このシリーズは全部おすすめですよ♪

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい気持ちになりました

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ぷくちゃんのような可愛らしさがあると、
    娘も私も、もっともっと好きになれそうなのですが、
    軽快なテンポの良い言葉の数々に、
    読んでいると自然と楽しい気持ちになる絵本でした。

    上の娘は、だいぶスムーズにひらがなを読めるようになってきたので、
    是非音読にチャレンジしてみて欲しいです。
    耳で聞く面白さだけでなく、
    舌を噛みそうになりながら(笑)、自分で読み上げる面白さもあると思います^^

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • とにかく くりくり

    主人公の栗のくりくりがお散歩に出てからのお話。
    とにかく、「くり」という言葉がすべて!といっていいくらいの言葉に入っていて、テンポ良く読むと凄く楽しい本です。
    3歳の娘は、早口言葉は出来ませんが、リズムよく読むと喜んだり、最後の早口言葉を私が言うと、大層ご満悦です。
    麦茶を飲むときに、「ごくり ごっくり」なんて言うと、「くりくりみたい!」と言うので、言葉探しにもなりそう。
    可愛い本なので、オススメですよ!

    掲載日:2010/10/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    “くり”のつく言葉遊び絵本です。

    テンポもよくて、イラストも可愛らしくて気に入りました。
    毛虫を食べてしまったり、ユーモアたっぷりのお話でした。

    言葉遊び絵本として、オススメの一冊です☆

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本語ってたのしい

    ことばであそぼシリーズで、3歳の娘はこの絵本がいちばんのお気に入りです。どんぐりが大好きだからというのもあるかもしれませんが、
    かわいらしい絵とリズミカルな言葉たちに惹かれているのだと思います。
    絵本を読んでいないときでも、くりくりお尻をふりながら『くりくりだんす』をおどって遊んでいます。
    大人の私も、十分に楽しめる言葉遊びで、日本語のおもしろさ、楽しさを改めて感じた絵本です。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 題名のとおり「くり」を使っただじゃれのオンパレードの絵本です。

    「びっくり ひっくり」等などたくさんあって面白いです。

    言葉の理解が出来る幼稚園ぐらいのお子さんは、とても楽しめる絵本だと思います。

    大人も、こんなにだじゃれが出てくるのかぁと感心するはずです。

    掲載日:2009/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.26)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット