庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

うしろにいるのだあれ みずべのなかまたち」 みんなの声

うしろにいるのだあれ みずべのなかまたち 作・絵:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:幻冬舎
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784344014954
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,350
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 今度は水の近くにいる動物

    大きく水辺にいる動物が登場する。このシリーズでもサバンナとか区切っているとサバンナなんだけど、今回は水辺・・・・動物園の水辺?
    家畜と森の仲間たちとアフリカと住んでいる場所がバラバラすぎるのがちょっと残念でした。

    このシリーズ独特の前後上下に仲間がいて最後にはつながっている話になっています。左右はまだ難しいので4歳以下向けでしょうか。

    今回はかばさんからスタートでカモノハシとモモンガが中々登場しない動物でしょうか。イラストも可愛く、動物の大小も分かりやすく書かれているので楽しみながら方向が学べます。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれあれあれ…

    うしろうしろ、と続いて上に、前に前に…とても上手に世界が繋がっていてびっくり!
    後半で、前にいるのがすぐに見えなくて追いかける部分が素敵です♪
    1ページごとがシンプルな構成なので小さな子からストーリーが分かる年齢の子まで楽しめると思います♪

    掲載日:2014/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の中だけではない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    このシリーズは何冊か読んでいます。
    水の中のいきものだーと思っていたら、水の中以外の生き物も登場するんですね!
    タイトルを見たらみずべのいきもの…なるほど。
    水の外の世界も少しわかって良かったです。
    世界ってつながっているんですね。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • シリーズで楽しんでいます

    「うしろにいるのだあれ」シリーズが大好きな娘のために買いました。
    今回はみずべのなかまたちです。

    相変わらず、絵が愛らしくかわいらしいので、読んでいてとてもほのぼのとします。
    自然とみずべの動物たちの名前を覚えることができるのも嬉しいです。
    親子で楽しめるシリーズを見つけることができると、絵本の時間がますます楽しくなりますね。
    このシリーズの他作品もぜひ読んでみたいです。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな ちかくにいる

    このシリーズの他の作品も、何冊か読みました。
    子供にもわかりやすくて、絵もかわいいので、お気に入りです。
    最後は必ず「みんな ちかくに いたんだね」で締めくくられることが、温かい気持ちになれます。
    どの作品でも、ちょうちょが登場していましたね。
    作者さんのお気に入りなのかな?

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳4ヶ月の息子はこのシリーズが好きなので今回はみずべバージョンを借りてみました。
    他のよりちょっと難しかったかなという印象です。
    でも知らない動物を覚えるのにはいいですね。
    最後のパージはお決まりのあの形です。
    毎回ほっこりします。

    掲載日:2013/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水辺の魅力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    表紙のカバの浮遊感が何ともいえません。
    水辺の仲間って、カテゴリー的にはマイナーだけに、
    何となく興味を惹きました。
    動物たちがそれぞれ見ている視線の先に、次の動物がいる、という趣向。
    なるほど、浅瀬に浮かんでいるカバ、アヒル、カメ・・・。
    ワニからは陸上に、そして空へ。
    「うしろにいるのだあれ」シリーズの定番で、ぐるっとカバに戻るのですが、
    この構図もやはり見事ですね。
    小さいお子さんなら、指差しでたどってみるといいですよね。
    水辺の独特の魅力も感じてほしいです。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵が好き

    「うしろにいるのだあれ」シリーズの中の1冊です。

    今回は、水辺の仲間たちが沢山でてきます。

    最後、「みんな近くにいたんだね」で終わるのも、何だかホッとしていいです。

    毎回、同じ展開ですが、このシリーズは、とっても面白くて、全部娘のお気に入りです。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • みずべ?

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    可愛らしいこのシリーズ、娘も割りと気に入っていて、何冊か読みました。
    この作品では、“みずべのなかまたち”というタイトルの割りに、
    決め台詞とも言うべき“みんなちかくにいたんだね”に持っていくためでしょうか、
    もぐらや蝶、インコや蜂など、
    「ん?みずべ・・・?」と思ってしまう仲間達が随分沢山登場しましたね;
    ちょっと意地悪な見方なのですけれど、
    他の作品と比べると“こじ付け感”が否めなかったです;
    辛口でゴメンナサイ・・・。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。このシリーズ、どれも全部娘のお気に入りです。上やした、色んなところに動物が。そして最後は結局みんな近くにいたっていう設定がとても面白い。お友達に囲まれているって幸せだし安心しますよね。そんなメッセージが可愛い動物たちをとおして伝わってきました。

    掲載日:2011/09/22

    参考になりました
    感謝
    0

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / もうおきるかな? / いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(46人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット