だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ふたりはいつも」 みんなの声

ふたりはいつも 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1977年05月
ISBN:9784579400805
評価スコア 4.83
評価ランキング 139
みんなの声 総数 57
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 季節を感じる

    娘が小学2年生で
    国語の教科書に、
    この「がまくんとかえるくん」のシリーズが載っているので
    こちらを読んで見ました。

    シリーズ4冊のうち
    この本は、季節感が一番ある1冊だと思います。
    「そりすべり」は、春の雪解けの時期
    「そこのかまどで」は春から初夏にかけて
    「アイスクリーム」は夏
    「おちば」は秋
    「クリスマスイブ」は冬。
    その一つ一つは、がまくんとかえるくんの友情物語で
    小さくでもぴかぴか輝くような短編5編です。

    娘は「おちば」が一番好きなようです。
    ひとつひとつは同じようで趣向の違うお話なので
    それを読み比べるのもいいですね(^_^)

    掲載日:2012/11/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふたりの思い出

     「あっ、この本、英語でたくさん読んだよね」 
    表紙を見て、すぐに娘がなつかしそうに言いました。
    娘がアメリカのキンダーに入学した頃、夢中になって読んだ”FROG AND TOAD“のシリーズ。日本語で読むのは、今回が初めてでしたが、旧友に会えたような気持ちで、すっと物語の中に入っていくことができました。

     淡々としたお話の中にも、お互いを思いやる温かい心がぎっしりと詰まっていて、どれもじわっじわっと心に沁みてくるものばかりです。きっとこういうお話が、大人になってからも、心のどこか片隅に、ふわっと残っていてくれるのではないかな?と感じました。

     私も娘とふたりでいっしょに読んだ思い出を大切にしよう。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思い合う気持ちがうれしいね

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    がまくんとかえるくんのお話は、子どもより私の方が好きかもしれません。ちょっとひねったユーモアが子どもには、ストレートに伝わりにくいようです。

    でも、この本の「そりすべり」には、親子で笑いました。
    二人で一緒にそりに乗って走り出してすぐに、かえるくんはそりから落っこちてしまうのに、そうとは知らず、「きみと一緒だからそりは楽しいなあ」と言いながら一人で滑っていくがまくん。そして、一人だということを知った途端、あっちこっちにぶつかって散々な目に遭うがまくん。
    二人だと思えば何でも出来てしまうところが、「二人」の絆の強さを物語っています。すごくおかしいんですけれどね。

    また、この本の最後のお話「クリスマス・イブ」は、私が大好きです。二人がお互いを思い合う気持ちがとても感じられて、嬉しくなります。
    特に今日は人のきつさに物凄く傷ついた日だったので、二人の温かい気持ちに、不覚にも涙が出てしまったのでした。

    掲載日:2006/06/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 遠くてもずーと友達

    • ゆかぷちさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    引っ越して間も無い頃に、5才の息子に買ってあげた本です。
    かえるくんとがまくんはとっても仲良し。毎日一緒に遊んでいます。お互いに相手が一番の友達、一緒にいれば悲しいことは半分コ、嬉しいことは2倍になるような大親友。
    息子もそんな友達がいたけど、引っ越しで離ればなれに・・・。すごく寂しそうだったけど、親にはどうすることも出来ない。そんな時に、本屋さんで見つけて買ってみました。
    本を読み聞かせる度に、「○○くん、どうしてるかなぁ」と言う息子に、「かえって逆効果だったかな?」と思ったこともあったけど、意外なことに息子はこの本が大のお気に入り。離れてしまった友達とも「今でも友達」なんだそう。
    息子に元気をくれた1冊です。

    掲載日:2003/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいの一言

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    がまくんとかえるくんおお話です。春、夏、秋、冬と季節を感じられるお話が入っています。
    このシリーズを読むときは、今回はがまくんはどんなことをやらかすのかなぁとわくわくしながら読みます。そしてがまくんに笑ったり、二人の友情にほっこりしたり。読後感がとてもいいです。
    がまくんがアイスクリームだらけになっちゃうところとか、子どもたちが好きそうですね。
    この作品も文句なしにおもしろいです。

    掲載日:2016/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 季節感ただよって

    かえるくん、がまくんの「ふたりは・・・」のシリーズのひとつ。
    5つのお話が入っています。
    その中でも季節感のあるお話が入っています。

    「そりすべり」「そこのかどまで」「アイスクリーム」「おちば」「クリスマス・イブ」。
    そりすべりを読むと、そりすべりがしてみたいな〜。
    そこのかどまでを冬に読むと、早く暖かくならないかな〜。
    アイスクリームを読むと、アイスクリーム食べたーい!
    落ち葉を読むと、おちばの多さにびっくり!
    クリスマス・イブを読むと、クリスマスプレゼント何もらおうかな〜。
    と、子供達はいろんな想像をしながら聞いています。

    ふたりの友情は素敵だし、楽しく面白くお話を読むことが出来ます。

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四季折々のショートストーリー

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    学校の教科書にも載っているので、知っている人も多いと思いますが、仲良しのがまくんとかえるくんの四季折々のショートショート絵本です。
    「そりすべり」
    「そこの かどまで」
    「アイスクリーム」
    「おちば」
    「クリスマス・イブ」
    どれもこれも、微笑ましいお話ですが、この中に入っている中では、
    少し小さかった頃のがまくんが春を探しに行く「そこの かどまで」と、
    がまくんとかえるくんががまくんの家でクリスマスを祝おうという事になったのに、かえるくんがいつまでたってもやってこない。心配になったがまくんは……。という「クリスマス・イブ」が好きです。
    小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でぜひ!寝物語に1話づつ読み聞かせされてはいかがでしょうか?

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋から冬へ

    よ〜く見ると、がまくんとかえるくんの衣装も冬バージョンです。防寒対策ばっちりの、マフラーや帽子、ブーツなどを身に着けて、そりすべりする姿のかわいいこと!かえるは冬はいないんじゃ・・・なんて、つっこみが入りそうですが。特に好きなお話は、「おちば」。落ち葉だらけの庭を見て、がまくんはかえるくんの。かえるくんはがまくんの家に行き、内緒でおちば集めをします。結局、互いが家に帰った後、風が吹いて元のもくあみになるのですが・・・そんなことは知る由もなく。幸せな気持ちで、がまくんもかえるくんも、おふとんに入るのでした。ともだちが喜んでくれることするのって、幸せなんですよね☆

    掲載日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • がまくんとかえるくんの1年間

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    がまくんとかえるくんの1年間のお話です。春夏秋冬と季節感があります。
    『そりすべり』では冬が苦手ながまくんをかえるくんが外に連れ出そうとするシーンで「いちばん なかよしの かえるがぼくのこと ころそうとしてるんだあ!」と叫ぶところが面白かったです(笑)。
    どのお話もあいかわらずこのシリーズは良いお話しばかりですね。
    私は春をさがしにいく『そこの かどまで』というお話が好きです。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が子がもうちょっと色々理解できるようになったら、この本をプレゼントしようと思いましたが、その前に私が欲しくて自分で買い揃えてしまうな、そんな本でした。アーノルド先生はこの素敵な絵もお話も、両方とも自分で書いておられるのでしょうか?だとしたら凄い!

    掲載日:2014/11/23

    参考になりました
    感謝
    0

57件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ふたりはともだち / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(57人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット