ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ウミガメと少年」 みんなの声

ウミガメと少年 作:野坂昭如
絵:男鹿和雄
訳:早川敦子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2008年04月18日
ISBN:9784198625238
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 産卵のためにウミガメが訪れた沖縄は、アメリカ軍の攻撃のためにいつもと違っていました。
    家族を失って一人逃げまどう少年は、様々な残酷なシーンを見ながら海にたどり着きます。
    男鹿和雄さんの絵が、風景画の様にゆったりとしていて、感情的でないのが、かえって悲惨さをじわじわと伝えています。
    ウミガメの卵をすすって、ついには海に沈んでいく少年は、やっと安らぐ事ができたのかもしれません。
    ウミガメにとって、戦争など無関係なだけに、織り込まれた戦争の悲惨さが奥深く感じられました。

    掲載日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少年の魂

     悲惨な戦時下のようすを、文章と絵が淡々と描写していきます。

     絶望をこえた極限状態で最後をむかえた少年は、おだやかに見えます。言葉にできない想いがこみあげてきました。
     
     海の底に沈んでいった少年の魂は、今も海の中をさまよっているのでしょか。

    掲載日:2010/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット