大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

あいうえおゴリラ」 みんなの声

あいうえおゴリラ 作:こやま峰子
絵:やなせ たかし
出版社:えほんの杜
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784904188026
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,053
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • あいうえおでゴリラの行動

    このお話は、あからんまで一文字ずつを使っていろいろなゴリラ君を表現していました。マイページ同じ文字で始まる分がうちの子には読んでも聞いても面白かったみたいで、自分でもこんな感じの分を作ってみたいな〜って言っていました。

    掲載日:2016/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • おなじみのイラストで♪

    娘は私といっしょに読みながら
    「ねえ、おかあさん、この絵本の絵はアンパンマンの人なんよ」と得意そうに言います。
    小さい頃に大好きだったアンパンマン。
    もうこのキャラクターも自分には幼いと思って離れていながらも
    どこか愛着のあるイラストなんでしょうね。
    やなせさんのイラストを眺めてとてもうれしそうです。
    あ〜んまでの言葉でゴリラくんの日常の一コマ一コマを描いていて
    楽しいですね。
    文章や絵を書くのが大好きな娘、今度自分でも
    あいうえおで文章を考えてみよう!と張り切っています。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • やなせたかしさん

    やなせたかしさんの作品だったのでこの絵本を選びました。あいうえおが順番に登場する所が良かったです。この絵本を読む事で主人公と一緒に楽しくあいうえおが学べるのが良いと思いました。文章もとても歯切れが良いのでテンポよく読めるのが気に入りました。楽しい絵を眺めているととても楽しい気分になれるのも良かったです。

    掲載日:2009/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゴリラが可愛いです

    表紙の親ゴリラさんが、子供に「あ い う え お」を教えてもらっ

    ているのかなあ(?)

    蝶ネクタイで、赤い帽子、赤いスーツを着てめかしこんだ子供ゴリラさ

    んが親ゴリラさんにお勉強を教えているみたいで、とっても微笑ましく

    思いました。私にとっては、親ゴリラさんの素直さが伝わってきました

    真剣にお勉強する姿が伝わってきました。

    「あ い う え お」のお勉強が、楽しい絵と共に自然におぼわり

    そうです。ゴリラさんと一緒にお勉強できます。

    絵をみているだけでも楽しいので、小さい子でも楽しめます。

    一文字で4回も登場するので、頭に入りそうです。

    何度も何度も読んであげようと思いました。

    掲載日:2009/06/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ゴリラと仲良く あいうえお

    • 1姫2太郎ママさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子14歳、男の子12歳、男の子 4歳

    文字に興味を持ち始めた4歳の息子。絵は「アンパンマン」を描いているやなせたかしさん。馴染みのある絵に、赤い服来た赤ちゃんゴリラ朝顔にバブバブあさのあいさつ・・・と、”あ〜ん”のひらがながいくつも紹介されています。しりとりするときにも良いアイデアが!?
    大きなゴリラがとても親しみやすくあいうえおを教えてくれます。
    リズムのある語調が、心地よい絵本です。

    掲載日:2008/07/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • たのしくあいうえお!

    表紙のゴリラがほんとにカワイイ!!

    リズミカルでたのしい文章とともに、
    絵本のなかをのびのびと自由に駆け回るゴリラ。

    これなら楽しく「あいうえお」が学べそうです。

    よみ聞かせももちろんいいと思いますが、
    子どもたちと一緒に声を出して読んでみたらとても楽しかったです。

    ぜひ一緒に読んでみてくださいね。

    掲載日:2008/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • ひらがなに興味を持ち始めたころに

    ひらがなを読めるようになる、3〜4歳くらいの子にピッタリの絵本だと思います。

    なじみのあるやなせたかしさんの絵で、ひらがなだけでなく、いろんな言葉に触れることができます。
    「てまり、って何?」「日時計ってこれ?」「やまばと」「るりいろ」などなど、普段聞かないことばを知ることができるのも、絵本の読み聞かせの良いところだと思います。

    自分のなまえや、家族の名前に入っているひらがなを探したり、会話しながら楽しめる絵本です。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット