おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ミラクル・ボーイ」 みんなの声

ミラクル・ボーイ 作:ウルフ・スタルク
絵:マルクス・マヤルオマ
訳:菱木 晃子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784593504992
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,619
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 6歳の男の子ですが お兄ちゃんのまねがしたくて なんでも 自分でできると 信じているんです
    パパとママに約束して 「じゃあ好きなようにしなさい」といわせて  自転車に乗って 家から出て行くのです

    夢は大きく 時速1万キロで空を飛び 悪者を捕まえ お兄ちゃんを自由に操り 人の虫歯を治し 自転車レースで必ず優勝するヒーローに。
    こんなとんでもない 夢が   自分を ミラクル・ボーイとおもいこんで
    でもやっぱり 重いと 行動は大違い  迷子になってしまうのです
    なにしろ 6さい 足が痛くなって泣いていました パパやママのことを思いだして    
    そんな時 犬を連れた知らないおばさんが 助けてくれるのです
    だんなさんの おじさんは 自転車にシールがはってあって ちゃんと電話してくれたんです
    おじさんは、迷子にならないようにと コンパスをくれたのです(方位磁石)
    パパはすぐに迎えに来てくれて・・・・ キス こんな時子どもに怒りそうですが なんて寛大な子育てなんでしょう 
    パパは歯医者さん  帰りも自転車です ぼくがパパより早く到着  
    金メダルは もちろん コンパス!

       なんだか このミラクル・ボーイ
    また何かやらかしそうですね!  笑えるお話しです
    絵も ステキです   楽しい!
    子ども達が読んでもおもしろいよ!

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハイパーな坊やだったウルフ少年

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    ウルフ・スラルクさんの子どもの頃の思い出話を膨らませたものかな〜。
    かなりハイパーなお子さんだったようです。
    見ているだけならいいですが、こういうお子さんを子育てするのは大変そうですね。
    もしかすると子どもたちよりも、元気すぎる子やよく迷子になる子をお持ちのお父さん、お母さんが読むと、一番楽しいかもしれません、

    絵本の形態ですが、やや小さめなので、読み聞かせとかには向いていなさそうです。

    掲載日:2016/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんぱく小僧

    このお話の主人公はとってもわんぱくな男の子でした。いつもお母さんやお父さんの言う事を聞かずにやんちゃばかりしています。そんなところがうちの子は理解できるみたいで、ゲラゲラ笑って見ていました。私は親の気持ちになった見ていたので「こらこら」ってつい言ってしまいそうになりました(笑)

    掲載日:2013/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウルフ6歳ワンパク全開

    ウルフ・スタルク自身をモデルにした自伝的ショートストーリーです。
    ここまで少し背伸びしたウルフを見てきたので、この絵本の中の天真爛漫さと子どもならではの屁理屈に微笑ましくなりました。
    お兄さんに自転車レースの見物へ連れて行ってもらえないウルフは、親の言いつけを守りながら夢の世界に飛び出します。
    ふらふら歩いて外に出てはいけないと言われたから、自転車で飛び出します。
    そこは自転車レースの真っ只中。
    選手たちと競争していたら、雲の上まで飛び出してしまいます。
    そして、ウルフの得意技の迷子。
    親切なおばさんに話しかけられても、知らない人と話してはいけないと言われたから、首を振るだけで応えます。
    なんと健気なひねくれものでしょう。
    実際にウルフの作品を読んでいると、この姿がウルフの自画像としてナットクできてしまうのですから、ウルフの作品の面白さの原点は幼少期にあったのでしょうか。
    安心して子どもに進められる本です。

    掲載日:2011/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険旅行

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、男の子6歳

    家族に置いて行かれて、おうちでお留守番のウルフ。
    ちょっと、家の中を探検したら、すぐに飽きてくる…。

    背番号1をつけて、あっという間に広い外の世界に飛び出した。
    と言っても、
    ウルフには飛び出した自覚はなく、
    その場その場で一生懸命。
    気がついたら、自分はならない!と思っていた迷子に…。

    小さいながらも立派に冒険旅行ができました。
    好奇心を持って事にあたれば、きっと糧になる!
    と教えてもらった気がします。

    夏休みももう終わり…。
    この夏、息子達は、何か冒険ができたでしょうか。
    自ら糧になる何かをみつけられたでしょうか。

    掲載日:2009/09/04

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット