雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ねこの手かします」 みんなの声

ねこの手かします 作:内田 麟太郎
絵:川端 理絵
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784580820340
評価スコア 4.39
評価ランキング 9,404
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 本当にねこの手とは

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ねこの手を借りたいとはよく言いますが、本当にねこの手のみを貸してくれるなんてびっくりです!
    すぽんとねこから手が外れてます!?
    便利ですが少し怖い気も。
    事件に応じて一番適任のねこの手を貸してくれるシステムっぽいですね。
    対たまこさんに対しては本体であるねこよりもねこの手のほうが素直なのには笑いました。

    掲載日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 猫の手だけが活躍するお話です。
    絵がとってもかわいい!
    説得力もなんとなくあって、ありえないんだけど
    楽しめるお話でした。
    でも、最後、なぜ「あるセリフ」を
    悪者に言わせたのか(オチになるので書きませんが)が
    娘には意味がわからなかったようです。
    恋心の要素が入っていたから
    まだ6歳にはわからないんだと思いますが…。

    掲載日:2013/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 手だけなんですね

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    ねこの手を貸す会社、その名も「ねこの手や」。
    特別な人しか利用できない極秘の会社です。
    そこには、いろんな猫が!
    どれもこれも個性の強い猫ちゃんばかりです。

    「手を貸す」その意味の通り、手だけを貸すなんてビックリ!
    今回やってきた警察署長に手を貸すのはクロ。
    クロの自身たっぷりな様子が素敵ー!
    吹っ飛んだタクシーの暴走シーンや思いがけない告白シーンなど、笑える所もいっぱいあり、とっても面白かったです。
    何より肉球がたまらない〜☆
    他の猫ちゃんの活躍も読みたいです^^

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に猫の手なんだ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    いつか読みたいと思っていた本でした
    いきなり意表を突く内容にびっくりです
    本当に「ねこの手」なんですものレンタルが・・・・
    話の展開は小学生は大好きなパターンなんでしょうね
    川端さんのイラストもユニークでお話の面白さを倍増してます
    猫の手が借りたいほど困ったところにFAXが来るって・・・
    来るわけないと思っていても、借りたいなぁと思ってしまう今日この頃です・・・

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちゃんちゃん すてれこちゃん♪

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、男の子3歳

    どうにもこうにも困ってしまい、ねこの手も借りたい!!

    そんな時に優秀な営業マン ねこやなぎ氏によって
    ファックスが送られてきます。

    そのファックスのとおりに訪ねる場所は「ねこのひるね」

    秘密の暗号「ねこじたまんじゅう」を言えば・・・
    その困りごとにぴったりなネコの手を貸してもらえます。

    恐ろしい銀行強盗の人質にされてしまった心臓の悪い女の子。

    早く、早く助けなくては!!と、八方ふさがりになった
    警察署長さんは「ねこのひるね」へと走ります。

    そこで、ひっかきめいじんの「クロ」の右手を貸してもらいます。

    はい、スッポン!と抜いて、右手を貸してくれるんです。


    いや〜、手が抜けたら便利だよねとか思ったことはあるけれど、
    貸してくれって言ったら、ホントに片手を抜いてってのは
    びっくりです。

    この段階で、読んであげてた兄ちゃんは興味津々。


    いよいよ銀行強盗との対決のシーンで。

    こっそり犯人の背後に忍び寄ったクロ(右手)が

    「よう おっちゃん。ちゃんちゃん すてれこちゃん。
    おんなをいじめる よわむしちゃん」とささやきます。

    その後の展開にも大喜びでしたが、
    兄ちゃんはこの「ちゃんちゃん すてれこちゃん」がお気に入り。

    しばらくずーっと言ってました。

    文字も大きくて、漢字にはルビもついているので、
    ひらがなとカタタナがOKなら、年長さんぐらいからでも
    読めそうです。

    1年生の兄ちゃんは、声に出しながら
    いっしょうけんめい読んでました。

    出番まちのネコたち、すっごく個性的なので
    彼らの出番がとっても楽しみです!

    掲載日:2010/10/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 事件解決!

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    どんな忙しい場面が出てくるのか、と思いきや。

    ちょっと変わった展開で、
    それも、猫が猫の手をスポンッとはずしてお手伝い。
    事件が無事解決しました。

    人助けして、おまけにちょっぴり恋愛物語もあり、
    とってもおもしろいお話でした。

    私も借りたいな。

    掲載日:2010/08/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次はどんな猫の手?

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    「いそがしくていそがしくて、ねこの手もかりたい」

    たしかによく聞く言葉です。

    でも本当にこんな便利な猫の手があったらどんなにいいでしょう。

    ふだんはまんじゅうやさんの「ねこのてや」さん。

    でも合言葉をいうと「ねこのて」を貸して」もらえます。

    事件に合わせていろんなねこがスタンバイしているようです。

    子どもたちってちょっと不思議なお話しが大好き。

    今回は銀行強盗なんてこわい事件なので強そうな「クロ」が大活躍しましたが、ほかにはどんな「ねこの手」があって、どんな風に手伝ってくれるんだろう?と興味深々になりました。

    続きが出たら楽しいと思うんですが・・・。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 腕がすぽんと…。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    これはジャンルとしては「児童書」なりますね。
    字が大きくて、絵で表現されている部分が多い低学年向けの、絵本から児童書や小説も読めるようになってほしいステップになるような段階の。

    さすが内田麟太郎さんです。短いけれど、「ねこの手」たちの面白さが、とても素敵に表現されていました。
    このくらい絵が多くて短い話なら、低学年向けのお話し会などで読んであげても子どもたちが喜んでくれそうな気がします。

    「ねこの手や」の主人たまこさんも、素敵なキャラクターですが、何といっても今回のお話の立役者は、「ねこの手」として出動したクロ君ですね。
    たくさんいる「ねこの手」スタッフから1人(1匹?)しか活動しなかったので、そのうちシリーズ化されるかもしれませんね。楽しみです。
    ちなみに、イラストの川端家さんの絵が、とてもお話にあっていて、楽しかったです。

    そして何より、私個人がウケたのは、カバーの裏に書かれていた作者の言葉。
    『わたしは ときどき マッサージに いきます。
     ぐいぐい うでを ひっぱられます。
     そのとき、「このうでが すぽんと ぬけたら、
     マッサージやさんは…。」と くうそうすると、
     おかしくなります。
     ねこの手が すぽんと。
     「ぎゃー。」
     どなたか たおれられたようです。』

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にねこの手!!!

    前から絵本ナビで見ていて読んでみようと
    思っていた絵本と言うより童話です。

    誘拐犯が捕まるのか?とドキドキ有り、
    そして恋愛もあり?!で
    子供たちは笑って聞いてました。

    絵が内容と合っていて面白いです。
    私が読んで聞かせなくても
    上の子は自分でまた読んでいました。

    字の大きさや量もちょうど良く、挿絵が楽しいので
    小学生なら自分で読むのに良いお話だと思います。
    男女問わずおすすめですね。

    掲載日:2009/04/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で読めるようになった子にぴったり

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    ありえない話の展開ですが、それがおもしろくって、どんどん読み進めることができます。
    少し厚めの本にチャレンジしようとしている子にとっては、導入本としてぴったりだと思います。
    人間が猫に頼っているところがおもしろい。猫って意外に人間のことを鋭く観察し、人間よりもすごい能力をもっているのかもって、常日頃思っているのですが、この本を読むと、それは当たってるかも!って感じました。
    ラブロマンスも含まれていて、一冊でおなかいっぱいになります。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの?

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット