貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

とくべつチュウもんのいえ」 みんなの声

とくべつチュウもんのいえ 作・絵:デビッド・ペルハム
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2008年
ISBN:9784499282031
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,632
みんなの声 総数 3
「とくべつチュウもんのいえ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いいですね!

    触って楽しむ絵本です。
    いろいろな感触を感じていろいろな材料があることを知る。
    子供にはこういう経験って大切ですね。
    日常的な「物」を見る目も変わるかも!?
    家を作っていくというコンセプトもとても魅力に思いました!!

    掲載日:2017/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • さわりまくり

    この絵本は幅広い子供にうけがいいと思います!!評価が五つ星までしかないのですが、この絵本はそれ以上です!!子供はいろんな家の材料を触って感触を楽しんでいました!!
    私も子供みたいに一緒になって触っていて楽しかったです。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むより、触って

    お話は、ねずみの駄洒落がエンエン続きます。
    家を建てるのに、がんばるねずみくんたちが
    描かれていきます。
    そして最後のページは飛び出す絵本になっています。

    複雑なしかけ絵本はあまり置いてないので、
    図書館にはないかしらっと思ったら
    ビニールカバーに入っていて、
    借りることができました。
    ラッキーでした。

    最後のページはボロボロになりそうだけど、
    家ができるまでに、
    いろんな形でいろんな色で、感触もさまざまでてきて
    小さいお子さんにはピッタリな絵本だと思いました。

    掲載日:2010/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / もくもくやかん / がまんのケーキ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット