なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ランパンパン インドみんわ」 みんなの声

ランパンパン インドみんわ 作:インド民話
絵:ホセ・アルエゴ
訳:山口 文生
再話:マギー・ダフ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1989年
ISBN:9784566002814
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,605
みんなの声 総数 33
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • かなり印象に残ったお話

    おはなしの国で最初に見ました。

    テレビで脚色も加えてあったので、かなり印象に残ったお話です。でも、くろどりの耳にそんなにたくさんの物が入るのでしょうか?息子は「耳が大きいんじゃないの?」と疑いもなく読んでいました。

    力のない者が強者に知恵で立ち向う痛快さが、まだ力のない子どもにとってはいいのだろうなと思います。

    掲載日:2009/01/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 夫婦愛

    王さまに女房をさらわれたくろどりの旦那様の奮闘です。

    ランパンパンというタイトルは
    くろどりがたたく太鼓の音。
    何度も出てくる印象的なフレーズで
    繰り返しが大好きな子供なら間違いなく大うけだと思います。
    (娘も、このフレーズが出てくるたびに、一緒にコール)

    さらわれた女房を取り戻しに行く道中で
    同じように王さまに恨みを持つ動物たちを次々とスカウト。
    しかし、その動物たちの収納場所がくろどりの耳の中。
    なにかの間違いかと、二度読みしました(^-^;
    有名な『てぶくろ』や『かえるをのんだととさん』もそうですが
    ありえないサイズ感に、しどろもどろになりながら読み進めました。

    最後はラブラブな夫婦の様子。

    とても楽しいです(#^^#)

    掲載日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 耳のなかに入っちゃうの!?

    耳の中に
    ネコ、アリ、木のえだ、川、
    が入って仲間になってくれる
    こうやって文章にしても?な展開を
    絵で表現するすごさ
    絵本の持つ無限大の力を感じさせられます
    ランパンパンの言葉のリズムも楽しいです
    昔ながらのインド民話
    最近の絵本、日本の絵本にはない
    感性が感じらました
    子供も不思議なストーリに
    理解出来るかな?と思いましたが
    とっても興味津々で聞き入っていました
    新しい世界観にふれたときの子供の
    集中力たるや、すごいですね

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ランパンパン♪

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    ランパンパン、ランパンパン♪
    この本を手にしてからランパンパンの擬音が頭から離れません。
    思わずそう口ずさんでしまいそうに、ずっとずっとランパンパンと鳴り響いています。
    インド民話ということですが、象が大量に殺されてしまっていいの!?と、思えば、作者は、アメリカ人。納得!

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知恵と仲間が大切

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男に読みました。

    インドの民話だそうですが、小さくて非力な者が、大きくて強い者に知恵と仲間の助けを頼りに立ち向かうというストーリーは、日本の「さるかに合戦」とよく似ています。

    人間の世界でも、貧しく弱い人たちはそのようにしないと強い者に太刀打ちできませんよね。スカッとするお話です。

    掲載日:2014/06/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • めずらしい

    お話会でよんでくださいました。
    インドの民話ということで、ふだん触れることが無い世界!
    とても新鮮に読みました。ストーリーの流れも、ありそうで、なさそうで、やはりお国柄ってあるんですね。戦う姿は力強い!楽しめました。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ランパンパンと勇ましく!

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    民話や昔話って、どこか似通っているところがあるって
    感じるのは、私だけでしょうか?
    でも、お話ひとつひとつ、それぞれのお国柄が出ていて、
    面白いお話が多いのも事実だと思います。

    むかしむかしのインドのお話。
    とてもいい声の持ち主のクロドリが、
    自分と間違えて捕らえられた女房を助けるため、
    王さまに戦いを挑むという内容です。

    クロドリの武装した姿に、ちょっと笑ってしまいましたが、
    ランパンパン、ランパンパン・・・
    と、軽快なリズムでたいこをたたいて行進して行く姿は、
    とても愛らしい。

    ひとりで大丈夫?と心配したくなりますが、でも、大丈夫!
    道中、仲間になったネコ、アリ、木の枝、水が、
    面白いように活躍して、窮地から脱します。
    彼らが、なぜ、クロドリの耳に隠れるのか不思議ですが・・・

    悪(王さま)をやっつける爽快さは、たまりませんね。
    愛するものを守り通す勇気、力に勝る知恵、仲間との強い絆、
    いろんなことが、この絵本から読み取れると思います。

    それにしても、「ランパンパン!」のリズミカルな繰り返しは、
    当分耳から離れないかも・・・

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感良くて楽しいようです。

    • 虹花さん
    • 30代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子6歳

    日本だと、「さるかに合戦」と「桃太郎」を足して2で割ったような話をイメージするとわかりやすいかと思います。
    子供は、リズム良い文章と展開に飽きずに何度も読み聞かせを聞いています。
    結末がわかっているのだけど、何度も聞きたくなる魅力があるようです。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 驚き

    珍しいインドの民話とのことです。
    こういった絵本を読むと、世界には面白い話がたくさんあるのだなと思います。

    お話のほうは、クロドリが王様をやっつけに行きます。
    途中、仲間も加わり、威勢よく太鼓を叩いて進みます。

    不思議なこともたくさんあるのですが、そこは民話ならではの大らかさとでも言えるでしょう。

    それぞれ、かなり激しく王様に復讐しますが、クロドリは優秀な指揮官といった立場かと思いました。

    めでたし めでたしの結末には、安心しました。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルな絵本

     王様に連れ去られた奥さんを取り返しに、クロドリがたくさんの仲間の手を借りて、知恵と勇気で見事に王様から奥さんを取り返す、インドの民話です。

     「ランパンパン ランパンパンランパンパン パンパン」と、リズミカルな繰り返しがとってもおもしろいのか、繰り返し繰り返し何度も読み聞かせました。

     小さな力のない者と思えても、深い愛情と理不尽な行為への怒りで、とてつもない力を発揮するというとても素晴らしい絵本です。是非手にとって読んでください。

     これを本当によく読んでいたので、この絵を書いた ホセ・アルエゴさんの別の絵本も、子どもはすぐに気がつきました。特徴ある絵なので、そちらも是非お試しください。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

33件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット