あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ぜったい わけてあげないからね」 みんなの声

ぜったい わけてあげないからね 作・絵:かとう まふみ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:初版:2008年04月
ISBN:9784033315201
評価スコア 4.09
評価ランキング 17,906
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 表紙の絵は、子どもだと思ってました。

     ウチの下のコが、表紙のような雰囲気を持っているので、図書館で、一目みて、借りてきました。

     『こんな子どもになったら、さびしいでしょう?』

    と、言う意味も込めて読んであげたのに、あのオチは、百戦練磨のおばあさんのもの。

     この雰囲気、実はワタクシだったのですね(ToT)

    面白かったし、考えさせられたし、納得もしたけど、ちょっと複雑。

    でも、もう一度手に取って、読みなおしました(^0_0^)

    掲載日:2010/10/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 凄いタイトルだな。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    面白い。笑 そうだよ、皆で食べた方が美味しいんだよ。一人で食べても淋しいだけだよ。赤ずきんちゃんのコスプレをしているおばあちゃん、心底ケチって訳ではなくて安心しました。確かに食いしん坊の人が作るものって美味しいよね!

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまりにも人間的な

    3歳8ヶ月の息子に図書館で借りました。
    息子は、幼稚園では貸し借りはできているようですが、幼稚園が終わると、
    幼馴染みの子たちとは貸し借りがうまくできません。

    ちょっとこれ見よがしな絵本でしたw
    おばあちゃんが、森の動物たちには全くおやつを分けてあげないのです。
    そして台詞が
    「これ、ぜーんぶ アタシのもんだもん。ぜったい わけて あげない からね!」です。
    あまりにも人間的すぎ。
    ちょっと露骨だったかな。なぜ、おばあさんという設定にしたのだろう。

    最後は懲りて動物たちに分けてあげるのですが、
    家で梅干しだけは独り占めしているところが良かったです。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意地汚いのはよくありません

    人にやさしくできない人、

    いじわるばかりで心の狭い人、

    そんな人は放っておいてもいつか一人になります。

    まさにそれを痛感できるお話です。

    媚びを売るのはよくないけど、周りの人が

    気持ちよく過ごせるために配慮ができる子に

    そだってほしいものです。

    いい勉強になると思います。

    また悪い大人にも読んでほしいな〜なんて思いました。

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトル「ぜったいわけてあげないからね」
    いじわるそうなお話しかな?

    森に住んでいる おばあさん かわいくて 意地悪そうでないのに・・・(おばあさん 可愛い顔しているのに?)
    ことりたちと うたいながら 広場にいくのに、 でも・・・「だめだめ これ ぜーんぶ アタシのだもん。 ぜったいわけてあげない」
    こんないじわる 言うんです

    きつねは 荷物をもってあげたのに・・・ 「なんて けちな おばあちゃんだろう!」(きつねが ないてる)
    みんなの怒り!

    でも・・・  独りぼっちは淋しいと分かるの  大粒の涙こぼしてね
    反省(子どものような 顔して泣いてるのが かわいい)
     
    そして みんなと一緒に おやつをたべると 楽しいことを知るんです

    子どものような いじわるおばあさん 
    うめぼしたべてるの 笑えます 
    「これだけは ぜったい だれにも わけてあげない」
    やっぱり 意地悪な心は のこってる
     
    でも 仲間のありがたさが分かっただけ  よかったね おばあさん

    かとう まふみさん おもしろい絵をかくな〜と思いました
    お花が かわいい  笑顔がかわいい  

    掲載日:2013/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • う〜ん……。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子13歳

    お薦めな本かどうかというと、かなり微妙な印象を受けました。
    昔から、わざと悪い子を作って道徳的な教育を諭すお話というのはありますが、
    何もわざわざ、おばあちゃんにしなくて。とか、
    やってることがおばあちゃんというより小さな子ってイメージだなとか……。

    主人公が動物だったら、普通に子どもたちに紹介したり、読み聞かせに使ったりできそうな気がしました。

    イラストはとても個性的で、色使いもいいなぁと思いました。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意地悪ばあさん

    このお話のおばあさんがとっても意地悪でした。うちの子はこのお話を聞きながらとっても怒っていました!!「こんなことしたらダメですよ!!」って言いながら見ていました。結局はみんな仲良くなって、ハッピーエンドなお話でした。

    掲載日:2012/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんだった

    このタイトルのセリフは、子供がよく言っているなーと思いながら表紙を開くと、主役はなんと、おばあちゃんではないですか!
    こんなおばあちゃんは、寂しいでしょうね。
    だいぶ遅れましたが、そんな寂しさに気づくことが出来て、本当によかったと思います。

    掲載日:2012/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「ぜったい わけてあげないからね」の気持ちもわかるし、だれにも相手にしてもらえない気持ちもわかる絵本でした。おばあちゃんは、とっても食いしん坊だから、沢山食べたかっただろうと思いました。
    食いしん坊のおばあちゃんは、自分でおやつを作るから感心しました。
    沢山作ってみんなに分けてあげるのは名案だと思いました。自分の気持ちに素直だからちょっと憎めない気がします。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人気ないおばあちゃん

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    くいしんぼうのおばあちゃんは、森に散歩に出かけ、出会った動物たちにはおやつを分けてあげません。
    そんなおばあちゃんにあきれた動物たちは、もう近寄っていかなくなりました。
    寂しくなったおばあちゃん。
    さて、どうしたでしょう?

    このおばあさん、なんて大人気ないのでしょう!
    作者はなぜ子どもではなく、おばあさんにしたのでしょうね。
    大人のほうが、子どもよりずっと大人気ないからでしょうか。

    このおばあさんの表情がなんともいえないのです。
    おばあさんと言うより、子どものように喜怒哀楽を素直に出しています。
    子どもにしてしまったら、教訓の話になってしまうから、おばあさんにして「大人のくせに、だめなおばあさん」
    と笑って読めるところがいいのかもしれません。

    とっても分かりやすいストーリーと絵です。小さい子どもさんにもおすすめです。

    掲載日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.09)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット