だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

みどりいろのたね」 みんなの声

みどりいろのたね 作:たかどの ほうこ
絵:太田 大八
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1988年
ISBN:9784834007671
評価スコア 4.73
評価ランキング 894
みんなの声 総数 48
「みどりいろのたね」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 笑い死にしそう

    • にゃんチキさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子5歳

    さいたま市「心を潤すこの1冊」こども100選
    で紹介されていたので、図書館で借りました。
    2年生の長男のために借りたのに、寝室で年長の次男も交えて読み聞かせをしていると、次男の笑いが止まらない。
    それもそのはず、この本は、文章もさることながら、絵に、なんともいえない味があり、私がアメやマメの表情を顔真似しながら読んでいるからなのです。
    読み聞かせは、子どもの受け取り方を大切にするため、あまり感情を込めて読まず、淡々と読んだ方がいい、とおっしゃる方もおりますが、あまり形式にとらわれず、親だって、ふざけたいときはふざければいいと思います。そのことによって、子どもが喜ぶならば。。。

    昨日はハイキングに行ったのですが、次男はこっそりリュックサックに忍ばせていて、電車の中で、公園で、河原で、ゲラゲラ笑いながら何度も読んでいました。

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • メロン味の豆?

    水やりをさぼりがちのまあちゃんですが、先生の先見の目が合ったのか、舐めていたメロン味の飴玉が不思議な活躍をしました。
    水の代わりに、飴玉を舐めて育った豆たちは、びっくりするような効果があったのですが、本当かな?
    太田大八さんが、こんなあどけない絵を描いていたのにもびっくりしました。

    掲載日:2016/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地面の下で。。。

    とにかく、絵が面白くて、物語の面白さを更に引き立てています。味のあるというか愛嬌ある表情のキャラクターたちが可愛らしいです。
    息子は読みながらクスクスと笑を堪えていましたし、私も最後まで面白くてあっという間に読んでしまいました。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • たかどのほうこ

    やっぱり、たかどのはうこの絵本は、期待を裏切らなくて面白いから大好きです。まあちゃんが、えんどうまめと一緒に埋めたメロン飴との会話が楽しくて笑えます。まあちゃんの怠け者なのが気になるところですが、美味しい甘いメロン味のえんどうが収穫できたからよかったし、ちょっと私も真似したくなりました(笑)

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力がふくらみます♪

    この本は、絵本というより、児童書に分類されるのかもしれませんが、
    3歳の娘は、大のお気に入り!!
    絵ばかりの本で、1ページの文字も少ないので、小さなお子様にも
    おすすめです。
    種をまいたら、メロンあめも一緒に埋めてしまい、まめの実がなったと
    思ったら、それはメロン味♪
    こんなことがあったら、楽しいのになあと、わくわくさせてくれた1冊
    です!!

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豆とあめの大げんか

    学校の畑にえんどう豆の種をまくことになったまあちゃん。
    先生から種をもらい、クラスのみんなと一緒に種まきをしたのはいいのですが、うっかり者のまあちゃんは、その時なめていたメロンあめまで一緒に畑にうめてしまいます。

    お日様が照っても、いっこうに水をもらえない、まあちゃんのえんどう豆たち。
    それでも平気な顔をしてすましているメロンあめ。
    ついには、暗い土の中で、豆とあめの大げんかが始まります。

    「つまるやつか つまらんやつか いちど ぼくを なめてみるがいい!」

    メロンあめの挑発に、思わずひるむえんどう豆たち。
    でも、のどはからから、お腹もぺこぺこ。
    とうとう思い切ってなめてみることに。

    メロンあめをなめて元気になったえんどう豆は、すくすく成長して・・・。

    最後の結末には、まあちゃんも先生も、クラスのみんなもびっくり。
    娘も「わあ、すごい!私もやってみたい!」との一言。

    まあちゃんと同じく面倒くさがりの私ですが、来年は、まあちゃんに習って、あまーい豆作りにチャレンジしてみようかな。
    でもやっぱり、水遣りは忘れずに、ですね。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐうたらなのにうまくいく

    主人公の女の子、まあちゃんは、豆を育てるときに、緑色のメロンあめも埋めてしまいます。他の豆がなかなか育たず、あめと喧嘩して、あめをなめて育ちます。すると、ほかの子供のものと同じくらい育ってきて、中はおいしいあめのような甘い豆ができます。

    なかなか楽しい話ではあるけど、主人公のまあちゃん、いけないのに飴をなめながら先生の話を聞いたり、面倒で水をやらなかったり、、、、いけないところがたくさん。でも、偶然、飴を埋めたのがうまくいき、むしろ、頑張った子供よりおいしい豆ができます。そこはいまいち納得がいかないです。正直者がむくわれない本でした、、、、。

    文章が多いので小学生向け。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • うっかりもので なまけもののまあちゃん
    えんどう豆のたねをまくのですが・・・
    先生もまあちゃんの口の中にあめ玉がはいっていたのに「あれっ、まあちゃん!」 「だしなさい!」と言うのですが叱らないのです
    ちゃんとみんなと同じ5このえんどう豆をくれるのです
    こういう余裕のある先生の態度 なかなか良い存在です

    土の中のえんどうまめたちの表情が何ともおもしろくて やりとりがわらえます
    こういう発想がおもしろい たかどのほうこさんならではですね
    絵が太田大八さん まめたちとメロンアメの表情がいいですね〜

    生き生きとしているのです!

    まあちゃんは 水もくれなくてまめたちは ぶつぶつと文句を言っています

    なまけものの まあちゃんのえんどう豆のお味はいかが?
    みんなの人気ものにになれたのが嬉しいですね!

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • マンガチックだけれど

    子供が所属している団体で、種を蒔くことになったので、この本を読み聞かせてみました。ちょっと笑える設定に子供たちがくついてきて、種たちとみどりいろの某のやりとりが面白くて、ウケていました。

    本自体は1cmくらいの厚みがあるのですが、全ページにイラストが描かれており、しかも、すごく短い文しか書いていないので、幼稚園の年長さんくらいから楽しめると思います。

    ちゃんと水やりをしない女の子のこともそれとなく書かれているところが、たかどのさんのエスプリだなぁと、感心してしまいます。お薦めです!

    掲載日:2014/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヘンテコな種たち

    この話は怠け者の女の子に埋められた5つの種と、一つのあめ玉がいろいろお話をしながら大っきくなって種をつけるお話でした。あめ玉と種たちの会話がとっても面白くって、うちの子はゲラゲラ笑って見ていました。水ではなく、飴をなめて育った種たちは普通とは違った実をつけていました。子供にとったらとっても夢のある実だったのですが、それは読んでのお楽しみです。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0

48件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(48人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット