あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。

こだぬきとやっこだこ」 みんなの声

こだぬきとやっこだこ 作:小沢正
絵:村上 勉
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1985年12月
ISBN:9784577002520
評価スコア 4
評価ランキング 20,968
みんなの声 総数 2
「こだぬきとやっこだこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 素敵なお宝作品!!

    昭和57年1月1日初版
    フレーベル館 発行
    書店では扱われないなかった絵本かと思われます
    1年通じて、保育園でとっていた
    「キンダーおはなしえほん」の1月号です

    このての1年通しての絵本は
    かなり持っていたのですが
    保育士辞めた時、息子が成長して・・・と
    その時々で整理し
    気に入ったものだけ悩みに悩んで厳選して
    数冊本棚に入れていました
    その中の1冊

    1月のおはなし会の絵本を選んでいる時
    久し振りに手に取り
    やっぱり、いいなぁ〜と

    こういう静かな絵本は
    30年前!?の子ども達は
    2歳児でも、真剣に聞いてました
    文字も多いけど
    よく聞いていたなぁ〜と思います

    大好きな村上さんの絵で
    お正月というか、冬の昔からの遊びものが
    素敵に描かれています
    「思いやる気持ち」にも、心温まるというか

    小沢正氏のあとがきも
    興味深く、おもしろいです
    ハードカバーになっていないのでしょうから
    これは、もしかしたら・・・お宝かもしれません

    おはなし会で、読んでみたい作品です

    掲載日:2017/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月の時期に読むとぴったり

    お正月のある晩、子ども相手の店を開いているおじいさんのところへ、たぬきがたこを買いにやってきました。

    村上勉の描くおじいさんの家が囲炉裏がある部屋なので、昔話風な懐かしさを感じさせるお話です。

    たこをわなに残していなくなってしまったたぬきのことを心配するおじいさん。破れたたこを直してやるおじいさんの優しさがいいなあと思いました。

    ほのぼのとした感じのお話で、小沢正の少しピリ辛なおもしろ話を期待していた息子には「ちょびっとおもしろくない」という反応でした。

    やっこだこというのが、レトロ感と懐かしさを感じるお話だと思いました。お正月のお話なので、お正月の時期に読むとぴったりくると思います。

    掲載日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット