ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

ジョンくんえほん (2) テオはぺろぺろ」 みんなの声

ジョンくんえほん (2) テオはぺろぺろ 作・絵:ボブ・グレアム
訳:たにかわしゅんたろう
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\660+税
発行日:1988年05月
ISBN:9784001105988
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
「ジョンくんえほん (2) テオはぺろぺろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 仲良し

    ペットがいないので、こんなに仲良しのペットはうらやましいですね。
    一目散に向かってペロペロ。
    こんなに夢中で愛情をしめされたら、こちらも夢中になりそうですね。
    テオの走る様子は、絵からスピードを感じます。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい2人と1匹

    テオドアという名前の犬と、ジョンとサラが
    登場するシリーズなのですが、日常の生活が
    さりげなく描かれていて、なぜかおもしろい
    んですよね。テオはいつもサラにおこられて
    しまうのですが、でも愛されているということが
    よくわかります。
    かわいい2人と1匹の関係を、ぜひのぞいてみて
    ください!!

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひやり

    谷川俊太郎さんの訳ということで読んでみました。

    しっかりもののお姉さん、サラが良い役を演じています。特にこの巻では、ジョンにけがをさせまいと、飼い犬のテオを叱るところがお姉さんらしくて素敵です。

    しかし、息子は、自分より赤ちゃんが主人公の絵本はあまり好まないようです。サラの立場から読めればまた面白いのかもしれませんが・・・。

    掲載日:2011/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • も〜、この後見るのが怖かった

     “ジョンくんえほん”の2です。

     今回は、犬のテオドア、通称テオが、ターゲットに向って疾走し、飛びかかり、そしてぺろぺろなめ回す習性を描いています。

     両手にいっぱい荷物を抱えたサラは、大変。
     素手で帰ってきてもやっぱり大変(笑)。
     さて、ふらふらのつたい歩きのジョンが、くにゃくにゃの足でよちよちあるきをしたら…。

     も〜、この後見るのが怖かった。
     ワンちゃんの飼い主アイラブユーは激しいですもんね。
     大人でも、面食らうことがありますよね。
     25年前ですが、ワンちゃんのあの激しさを思い出しました。
     また、飼いたいな〜。

    掲載日:2010/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 谷川俊太郎さん

    谷川俊太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。兄弟が主人公の事をいかに愛しているかを感じられる作品でした。特に、飛び付かれて倒されても笑顔でいる兄弟が素晴しいと思いました。主人公もとても愛嬌が良く好奇心旺盛で存在そのものが家族を幸福に導いていると思いました。私も幸福を貰えた絵本でした。

    掲載日:2009/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぺろぺろ

    テオのぺろぺろは、愛情表現だと思いました。テオは、早く走るとイノシシみたいに見えるのは私だけでしょうか?表紙の絵が見えます。
    凄いスペード、凄い速さ!テオのように孫をぺろぺろなめたい?です。あかちゃんのジョンのハイハイとつたい歩きが可愛いです。ゆっくり、ゆっくりの孫も近い将来必ずできると信じています。希望を持ち続けたいと思いました。

    掲載日:2009/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • ジョンくんの絵本2。

    ジョンはハイハイ赤ちゃんな男の子。
    テオはペットの犬です。
    お姉ちゃんのサラを交えたある日の光景です。もしくは、いつもの光景。
    テオはきっと、この姉弟の中の1人だと思っているんでしょうね。
    こんな関係、いいですよねえ。微笑ましいです。
    そして、テレビアニメを見ているような、スピード感がありました。
    手のひら絵本なので、旅行などおでかけ寺に持っていく絵本としてちょうどいい。

    掲載日:2008/06/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット