雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ぼくんちのペット」 みんなの声

ぼくんちのペット 作・絵:いもと ようこ
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
ISBN:9784783402985
評価スコア 4
評価ランキング 19,214
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみがちょっと…

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    こども目線でお友達のペットを紹介していき、自分の家でつかまえたねずみの話になっていきます。
    生き物の命を大切にするのはとてもいいことなのですが、なにぶんねずみなので…どうしても嫌悪感が。。
    子どもたちも、普段ママが不潔の象徴のように教えているねずみを飼うということに、え?ねずみでいいの?と、ママの様子をうかがっている感じでした。

    掲載日:2017/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何も食べなかったら死んじゃうでしょ!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    「ぼく」の絵日記風です。
    絵はいつものような、ふんわりとしたいもとようこワールドなんですが、
    文章はクレヨンと鉛筆の手書き風で、味があります。
    お友達のペットを紹介し、ぼくんちは・・・。
    お母さんが動物大嫌いでペットを飼わせてもらえない、というのが、
    何とも迫力のある理由ですよね。
    ところが、ねずみ退治をしようと、ねずみ捕りを仕掛けたら本当にねずみが入っていて・・・。
    お母さんの「何も食べなかったら死んじゃうでしょ!」のせりふがいいですね。
    お母さんの気持ちにも共感してしまいます。
    でも、ねずみでしょう?
    描かれていないこの後の展開が気になります。

    掲載日:2009/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いもとようこさん

    いもとようこさんの作品だったのでこの絵本を選びました。いもとさんの柔らかい感じの絵は勿論素敵でしたが文字がとても味があって素敵だと思いました。鉛筆とクレヨンを使って書かれていたのもとても斬新でよいと思いました。ネズミがペットと言うのが愛らしかったです。色々な餌を用意してあげるのも愛に溢れていて素敵だなと思いました。子供の気持ちを大切にしてあげるお母さんも素敵でした。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペットと呼べるのでしょうか?

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    あいちゃんちのペットは、うさぎのめめとみみ。
    しょうくんちのペットは、かめのみのきち。
    と、ともだちのペットが色々と紹介されています。
    そして、ぼくですが、おかあさんが動物がきらいなので、ペットは飼っていません。
    でも、ある日、ひょんなことから、ペットを飼うことに…
    かわいい絵、そして、手書きの文章が、とても温かく感じます。
    でも、これって、ペットといえるのかな。
    なんか、ちょっと違うけど、なんか面白い、そんな出来事です。

    掲載日:2009/01/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ペット

    いもとようこさんの描いた絵がとても可愛いので思わずネズミもペットですと言いたくなります。おかあさんが一番動物を可愛がるんでは?と思いました。おかあさんがとても素敵で好きになりました。思いやりもあるし、やっとの思いで捕まえたネズミに餌をあげないと死んでしまうからと考えるおかあさんがとても可愛いです。ペットの紹介もクレヨンで覚えたての字を一生懸命に書いた字にもとても微笑ましくてよかったです。うさぎ、かめ、いぬ、九官鳥、ねずみの絵もとても可愛くてよかったです。ペットっていいなあって羨ましくなりました。

    掲載日:2008/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • これがペット?

    いもとようこさんの絵が大好きな息子が本屋さんで立ち読みしてたので
    私も一緒に読んでみました。
    ぼくが、お友達のペットを紹介するところから始まります。
    かわいらしいいもとさんの挿絵に、いかにもちいさな男の子が
    かいた日記。という感じの手書き風のかわいらしい文字の文章。
    ペットの種類や名前を丁寧にクレヨンかな?で
    色分けされて書かれていて、種類や名前がとても分かりやすく
    ちいさなお子さんが読んでもどんなペットにどんなお名前なのか?
    というのがしっかりわかっていいですよね。

    そして、ぼくの家出はなんでもお母さんが
    動物が大嫌いだとかでなんにも飼ってないんだって。
    でも・・・ある日とうとう!
    でも、これってペットって言えるのかな?と思いながらも
    動物の命の大切さも感じました。
    単なるペット紹介や、ペットが欲しい!といったお話しではなく
    こうしたことも織り込まれていたので、感心しました。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット