あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

シマウマしましまなぜあるの?」 みんなの声

シマウマしましまなぜあるの? 作・絵:リラ・プラップ
訳:松田 素子
出版社:アノニマ・スタジオ アノニマ・スタジオの特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784877586676
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,182
みんなの声 総数 16
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ちょっと早かったかな

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    3歳半の息子に図書館で借りて読んであげました。

    「ぞうのはなはなぜながい?」を先に読んでいたのですが、この絵本は息子には少し早かったかもしれません。
    質問に対し、色々な珍回答が出てくるのですが、その後すぐに正解は書かれてなくて、次の質問に。
    息子はその珍回答が正解と勘違いしているような感じだったので、もう少し大きくなってから読んであげた方が良かったかもしれません。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ気分?

    平成20年にテレビで放送されていた『がおがおぶーっ!』の絵本です。
    うちの娘は、テレビの時も好きだったのですが、2歳の頃のことなので、忘れてしまっているようでした。

    内容は、番組同様、
    『○○は △△だ なぜかな なぜかな? わかるかな?』
    の問いかけに続き、思わず笑ってしまう こども達の珍解答、そして読者への問いかけとなっています。

    娘は、珍解答に「そんなはずないやん(笑)」とツッコミ、じぶんも、なぞなぞでもしてるかのように、楽しそうに答えていました。
    答えは巻末にあり、大人でも「へ〜っ」と楽しめる内容でした!

    掲載日:2014/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが自分なりの答えを考えました

    動物たちのヒミツについて問いかけがしてあり、
    「きみの考えたこたえはなあに?」と言いながら子供に理由を考えてもらい、自分の考えを自分の言葉で表現して答えてもらうようにしていました。その後、みんなで答えを見て、あっていたね。とか、ああ、こういう事だったんだね。などと話し合いながら楽しめました♪

    掲載日:2011/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いおもいの答えが面白い

    • ゆっきんぐさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    NHK教育テレビで放送していた「なぜ?どうして?がおがおぶー」の絵本です。

    息子たちは大好き!
    「ハイエナはね、ヒヒっとわらうんだって」「シマウマのからだはみんなシマシマだ」なぜかな?なぜかな?わかるかな?
    なんて、色々な動物の【なぜ?】に対して、読んでいるこちらも自由に考えられる絵本です。

    絵本にいろいろ書かれている意見意外に、息子たちは「ぼくはね〜こうだと思う!!」などいっぱいおしゃべりしながら楽しく読めました。

    最後に、ちゃんと答えや現在の学説なんかが載っていますので、親もちょっと偉そうに教えちゃったりして(笑)
    テレビを見てなくても、楽しめる絵本です。

    リラ=プラップさんの描くパステルの動物もキュートで素敵です★

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • どうしてかなぁ?

    NHKで放送されて、動物好きの息子は釘付け。

    もちろん絵本も大好きです。

    初めて読んだのは2歳の頃、なぜ?どうして?というと、がおがおぶー!と。
    今は内容を覚えているのか、一人で見ながらあれこれ読んだふりしてます(まだ字は読めないので)

    どうして?の発想が自由で面白く、そこの部分だけでもなんでかな?どう思う?と話が膨らみます。

    ちょっとお勉強にもなるので、動物好きには長く読む1冊になるとおもいます。

    絵も独特なタッチで好きです。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子の方が知ってる

    テレビが大好きだった娘に請われ、読みました。
    この全部正解ってところも好きだし、その発想がなにより面白い。
    すごく好きです。
    問題も、私は知らないことだらけ。娘の方がテレビを覚えていて知っていたり。
    考えるのが長くて、寝る時間もあって少々困りましたが、それだけ楽しく読めるってことですよね。

    ただ。番組も良く出来ていて好きなあまり、わざわざ本で読む気がしない母なのでした。娘は大喜びでしたけどね。

    掲載日:2009/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • テレビを知っていると読むのが難しくて…

    • ほしのさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    テレビでやっていたのは娘がとてもお気に入りでした。
    なので、この本もどうかなと思ったのですが…

    テレビのインパクトが強過ぎて、読み聞かせにはどうなんだろう?
    テレビを知らずに読んだら楽しかったかも。
    娘は本を読んでもらうのを喜んではいたけれど、読むこちらは、正直苦痛。

    室井滋さんのように読まなくてもいいよね?あの独特の口調が番組をさらに良くしていたんだろうな。
    それに、絵本は、たとえばしまうまだと「シマウマのからだはみんなしましまだ。なぜかななぜかな?わかるかな?」と質問があって、大きなシマウマの絵があるんだけど、”実は間違い”の三つの答えが同じページにあり、でも、その答えに対する絵はないのです。だから、想像力を働かせねばならないし、「ほかにもあるかな?まだまだあるかな?きみのかんがえたこたえはなあに?」
    で、ページをめくると、正しい答えを教えてくれず、三つの答えが実は全て間違いとも知らせることもなく、新しい質問、「クジラがしおふき、なぜふくの」となっているのです。

    巻末に正しい答えが書いてあるんだけど、これが小さい子には難しい。テレビは答えに対しても絵でも説明されていたので分かりやすかったけど、絵本だと、小学生くらいにならないと理解できないかも?

    娘からすれば、正しい答えなんて必要ないように思えるし、いろんな動物さんが出てくるのが楽しいようですが、読むこっちはちょっとしんどいな。
    それに、私は娘に対して「きみ」なんて呼びかけたことないし、「何でやと思う?」とか、きみではなく「○○ちゃん」とか文章通りに読まずに自分の言葉に変えてもいいのかな?

    小学生くらいの子が自分で読む科学絵本としては優れているとは思います。

    掲載日:2009/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑みたい

    リラ・プラップさんの動物の絵はとても親しみやすく娘も大好き!
    「なぜ?」の質問に対しての答えもとても楽しいものばかり!
    なかなか大人には発想できないユニークな答えばかり。
    最後には質問の答えもしっかり載っていて、まるで動物図鑑のようです。
    続編がでてくれるといいのになと思いました。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考える本です

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子7歳、男の子4歳

    子供と一緒になって、答えを考える本です。「しまうまのシマが何故あるのか」に始まって、
    動物のいろいろな不思議なことを問いかけてます。初めてみたときは、答えがないのかと思って面倒な本だと思いましたが、巻末にきちんとした解説がついてました。

    子供と一緒に理由を考えながら、かわいい絵とともに楽しめると思います。
    しかし、子供たちのほうがずっと面白い答えを考え付きますね・・。私は頭が固いです。
    大人の頭の体操にもいいかも。

    掲載日:2009/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 君の考えた答えは?

    訪問先の保育園の子どもたちと一緒に楽しみました。
    いろんな動物がでてきて、「シマウマはなぜしましまなの?」
    「サイのつの、はなのうえにはえている?」と、動物のとくちょうとも
    言える事を「どうして?」と疑問を投げつけます。
    そして、わかった!とも言うように、とてもユニークな答えを
    書いているのですが、子どもたちも「え〜、そうなの?」と
    妙に納得しますが、本当の理由は巻末にあるんですね。
    でも、その巻末の答えをすぐに教えずに、
    「君の考えた答えはなあに?」の問いかけがとても良いですね。
    園の子どもたちも「違うよ!違うよ!シマウマは敵の目がちかちか
    してくるようにしましまになってるんだよ〜」
    「サイのつのは下にあったらこけたときにぐさって刺さって痛いから」
    案外その理由もあってるんじゃなあい?って思わせるような
    想像を巡らせて答えがいっぱい出てきて、
    とてもたのしい時間を過ごすことができました。
    そして、巻末の「本当の理由」を教えると、たくさんの
    意見を出した分、へ〜。が大きかったですね。
    子どもたちがいろんなことを想像するきっかけを作ってくれる
    素敵なえほんだな〜って感心しました。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0

16件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / くだもの / ぞうくんのさんぽ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット