くまの子ウーフ くまの子ウーフ
作: 神沢 利子 絵: 井上 洋介  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
遊ぶこと、食べること、そして考えることが大すきなくまの子ウーフ。ほら、今日もウーフの「どうして?」が聞こえてきます!
アマアマ47さん 40代・ママ

考えさせらる、色々な事を
6歳の息子と3歳の娘に読みました。 …

バロチェとくまのスノウト」 みんなの声

バロチェとくまのスノウト 作・絵:イヴォンヌ・ヤハテンベルフ
訳:野坂 悦子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784062626255
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,914
みんなの声 総数 7
「バロチェとくまのスノウト」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 女の子は共感できるかも!

    たくさんのくまのぬいぐるみを持っているバロチェ。
    おばさんにくまのぬいぐるみのスノウトを新たにもらい,でもベットはぬいぐるみ達でいっぱい。
    バロチェが自分で考えてよいアイディアを出して行動していくところが見応えありました。
    きっと他の方達の元にいったぬいぐるみも新たに幸せになれるかな。
    こんなに一気にあげてしまって,いざお家に帰ってみると寂しい〜ってことはないのかな(笑)

    掲載日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぬいぐるみがいっぱい

    もうすぐクリスマスです。
    新しいおもちゃをもらって、バロチェのようになる子供もいるかもしれませんね。
    そうなったら、古いおもちゃを捨てますか?
    バロチェのように自分で考えて、おもちゃに愛情を持っていることは、大切だと思いました。

    掲載日:2014/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とっても可愛い絵

    とっても可愛らしい絵に魅かれて取りました。

    女の子バロチェがくまさんのスノウトをもらって、持ってるくまさんの数が増えてしまい、どうしようかなと考えるバロチェ。ベッドいっぱいに並んで寝てるくまさんたち。今まさに3歳次女がこんな感じです。ぬいぐるみがソファーを占領したり、いたるところに寝ている状態。毎日代わる代わる抱いて寝る次女。バロチェと重なりました。

    女の子を持つお母さんなら、きっとバロチェとお子さんを重ねて読むんではないでしょうか。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • クマの大好きな女の子

    バロチェのベッドがクマのぬいぐるみでいっぱいにあなってるのが素敵に見えたそうです。でも、いっぱいになりすぎて、みんなに配って歩いていたのがかわいかったです。外国の絵みたいでキャラクターがかわいかったです。

    掲載日:2011/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙のピンク色が温かみがあって素敵だなと思い気に入ったのでこの絵本を選びました。女の子の優しさとユーモアに微笑んでしまいました。実に行動力があり説得力がある主人公性格はかっこいいなと思いました。家族の皆を心から愛している事がひしひしと伝わってくる描き方が良かったです。主人公のファンになりました。続編を読みたいです。

    掲載日:2009/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子には経験あり・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    たくさんのぬいぐるみに囲まれた生活は、女の子は大いに経験ありではないでしょうか?
    何を隠そう私も昔はぬいぐるみだらけ・・・・
    でもバロチェのように人に手渡すことはできなかったなぁ〜などとすっかり自分の世界に懐かしく浸ってしまいました
    オランダの人気絵本作家さんとのことで、このシリーズまだまだ続きそうですね
    何とも言えない表情のバロチェに少し親しみを感じました

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい光景

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    バロチェはおばさんから、スノウトという名前のくまのぬいぐるみをもらいました。
    でもバロチェのベッドは、みんなからもらったぬいぐるみでいっぱいいっぱい。
    そこでバロチェはある行動に出ます。

    ベッドにぬいぐるみがたくさん並んだ光景。
    何十年も忘れていた子供時代を思い出しました。
    そうです。こうやってベッドにぬいぐるみを並べて一緒に寝ていたのです、私が。
    そして、子ども時代の私は、ひとつひとつのぬいぐるみに「おやすみ」と声をかけていたのです。
    意外とかわいらしいことをしていたのですね。笑

    たくさんのぬいぐるみがベッドに並んでいる様子を見て、「ねんねー」とおしゃべりしている娘。
    もう少し大きくなったら、同じようなことをするのかな・・・
    とても楽しみになりました。

    掲載日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『桃太郎が語る桃太郎』クゲユウジさん 岡村優太さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット