庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

3年2組は牛を飼います」 みんなの声

3年2組は牛を飼います 作:木村セツ子
絵:相沢るつ子
出版社:文研出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年09月
ISBN:9784580820081
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命を飼うという事

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    小学生の息子が、クラスで飼う生き物についてみんなで話し合っているのに、なかなか決まらないと言っていたので、手に取りました。

    この本に出てくる3年2組も全く同じ。
    金魚は楽。
    うさぎはかわいい。
    そんなもん、飼いたいなら自分家で飼えばいいだろ!
    話し合いは決まりません。

    でもそんな中でいつも話を聞かないナオヤが大胆提案。
    「牛を飼おう!」
    先生や保護者、近くの農場も巻き込み、4ヶ月の約束で子牛を飼い始めることになりました。

    みんながみんな、牛を飼うことに賛成しているわけではありません。
    牛が怖い、臭いといって世話をしようとしない子。
    でも子牛は繊細で病気になりやすいんです。

    最初は怖い、気持ち悪いといっていた女の子、まゆはそんな子牛の姿、怖いけど、臭いけど子牛のために一生懸命世話をするクラスメートの姿を見て少しずつ可愛いと思い始めました。

    生き物を飼うということは可愛い、楽しいだけじゃダメなんだということに改めて気付かせてくれました。
    ちなみに息子は、牛飼うの良いな、でも実際に飼うのは大変だから、違うのにしようと言っていました。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット