おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

なぜ、めい王星は惑星じゃないの?」 みんなの声

なぜ、めい王星は惑星じゃないの? 作:布施哲治
出版社:くもん出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784774313467
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 科学の進化

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    宇宙に興味を持っている息子は図書館からたくさんの本を借り、読みました。
    でも、新しい本には惑星は8つと書かれているのに、古いものには9つとなっています。
    なぜでしょう。

    数年前に惑星とされていた冥王星が準惑星となった経緯を宇宙の成り立ちから、天文学の歴史に至るまで網羅し、解説されています。

    色々と言われることもありますが、子どもたちは良い時代に生きています。
    こうして生活している間にも世界で様々な発見がされ、それまで空想でしかなかったことが実証されたり、逆に常識とされていたことが覆されたりしています。
    そういった時代に生き、自分も何か発見できるかも、世界を驚かせる偉業を成し遂げるかも、と夢を持つこともできるのではないでしょうか。

    息子も冥王星が準惑星にされたことは知っていますが、それらのことが新たな発見によって起こった事、今もたくさんのものが発見され、また新たな仮説を生み出していることを知りました。
    科学は日々進化しているということを実感できる大きな出来事だったと思います。

    ただ単に他の外縁天体より先に見つかったがために、勝手に惑星とされ、相応しくないのではないかと議論された冥王星に、少し同情を覚えました。
    先人の言葉を借りれば、それでも冥王星は廻っている、ということでしょうか。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット