ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

雪のかえりみち」 みんなの声

雪のかえりみち 作:藤原一枝
絵:はた こうしろう
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年
ISBN:9784265034581
評価スコア 4.74
評価ランキング 827
みんなの声 総数 46
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 今どきの家庭の事情

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    主人公、一年生のぼくは学校にいるときに、雪が降ってきて
    大雪になりそうだからと、学校から帰ることになります。
    周りの子の親は迎えに来てくれますが、
    主人公のママは、お仕事中で迎えには来られません。

    そこまで読んで、娘が一年生の時に、台風のような雨が
    降っていたときに、下の子がお昼寝していたので、迎えに
    行くことが出来なかったことを思い出しました。クラスで
    一人だけお迎えがなく、心細かっただろうと思うと、
    切なくなりました。

    主人公が保育園のときに寂しい思いをし、しばらくお母さんの
    スカートのはしっこを離さなかったという所で、そういえば、
    うちの娘も息子も叱られたり、寂しい時に洋服のすそを持ったり
    していたかも…と実感しました。

    主人公は、一人で帰ることになり、バスを待っているときに
    周りの大人から慰められたり、施しをうけたりしているのを見て、
    世の中悪い人ばかりじゃないと絵本の中から、感じてくれるのでは
    ないかと思いました。

    主人公のお兄ちゃんは、4年生です。
    ちゃっかり先に帰っているのですが、主人公が帰ってから
    お世話をしてくれます。兄弟っていいなあと思いました。
    うちの姉弟も、この兄弟のように仲良く過ごしてくれると
    よいなあと思いました。

    娘は、雪がたくさん降って学校が早く帰れるのは
    うれしいな〜♪雪だるま作って、雪合戦して、雪うさぎも
    つくれたらいいな!と言っていました。まずは遊ぶことが
    先決の娘でした((^_^;))

    小学校低学年の子にピッタリの作品です。

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • お友達の子のために読みました!

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    小学校1年生の男の子のお話だったので、1年生の今だ!と読み聞かせで読みました。
    我が子は学童っ子じゃないけど、この男の子はママが働いていて、大雪が降って早く帰ることになってもお母さんがお迎えにきてくれないので、自分で帰ります。
    他の子はお母さんがお迎えに来てくれているのに・・・。
    お兄ちゃんもいないし、バスに乗って帰る男の子。
    いろんな人の温かさを感じたり、男の子頑張りを感じたり。
    仲良しの子で本当の息子のような、近所の男の子へのエール??として読みました。
    いざとなったらおばちゃん、迎えに行ってあげるから淋しい思いはしないよ!って思いながら(笑)

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 男の子の冒険物語。

     それいけ 男の子特集で気になっていたこの作品。表紙の大雪の中を、一人テクテク歩いていく姿に、我が家の子どもたちは興味深々。

     読み進めていくと、こま振りみたいに描かれた絵がすごくいい味をだしているんです。
     雪の中を長靴・手袋・傘・上着もなく寒さで心細くなった主人公を、回りの大人が慰めてくれたり、一足先に帰っていたお兄ちゃんがいろいろお世話をしてくれたりと、心温まるエピソードもあります。こんな状況になったらうちの子は、どういった行動に出るんだろうと、思わず想像しちゃいました。

     働きに出ているとこういった突然の出来事でお迎えってなかなか行けませんよね。幼い二人を残して、夜中に出て行かないといけないお母さんの気持ちや、帰りを待つ幼子二人の気持ちを考えると涙が出てきました。

     読み終わったら、もう一度表紙を裏表紙と一緒に見てください。あーなるほどと思いますよ。

     こんなに雪が積もることがないので、子どもはとても羨ましそうでした。学校が早く終わるってところがいいみたいです。

     子どもが読んでも、大人が読んでも楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/01/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人の温かさ

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    開いた瞬間「これは!もしや!」ともう一度表紙を見て「やっぱり」
    はたこうしろうさんの絵でした。
    以前「まほうの夏」を読み絵本の素晴らしさに気づきました。
    それから私はレビューを書き始めたのです。
    私にとってはこのお二人はゴールデンコンビです。

    雪のかえりみちも元気な男の子が登場します。
    大雪の下校中、不安になった男の子が出合った優しさ。
    歌って励ますお兄さんと自分の手袋を外しつけてくれたおばさん。
    帰り着いてホットミルクを入れてくれた兄。
    凍りつくような景色と相反するストーブとホットミルクの湯気で
    読み手にも温かさが伝わってきます。
    人と人とが触れ合い、心がつながるヒューマンストーリーです。
     
    男の子のお母さんも働いていて
    我が家とイメージを重ねて読むことができました。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • はたこうしろうさん

    ショコラちゃんシリーズやなつのいちにちという作品を以前読んで事がありこの絵本もはたこうしろうさんの作品だったので選びました。男の子が無事に家にたどりつけるか心配になりましたがみんなに助けてもらったり温かい言葉をかけてもらっているのを見ていたらホッとしました。一番好きな場面は字のないページでのお兄ちゃんと弟のやり取りです。お兄ちゃんを尊敬する弟と弟を思いやるお兄ちゃんの気持ちが滲み出ている場面で感動します。やっぱり兄弟っていいなと思いました。

    掲載日:2008/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 長い帰り道でした。

    子供がこの絵本に惹かれたのは、男の子が一年生で、話の内容も、大雪の日の学校の帰り道で、いつもとは違う日という設定だったからだと思います。男の子が、久しぶりの雪に喜んでいたのが、だんだん大雪になり、体中が寒さと冷たさを感じ、心細くなっていく様子が上手く表現してあります。我が子の子供の年の差を感じたのは、バスの中でおばさんが、男の子の冷たくなった手に「後で捨ててもいいから」と無理やり手袋をはめてあげました。その手袋を男の子は、「ごみ箱にすてちゃた」とお母さんに返事をした場面です。8歳の長男は、「本当は捨てちゃ駄目なのにね」と爆笑し、5歳の次男は「捨ててもいいからと言ったから捨てたのに何で笑っているの?」と不思議そうな顔をしていました。お兄ちゃんが、雪で濡れて冷たくなって帰ってきた男の子を、一生懸命世話をする様子が、言葉はなく絵だけで表現してあります。でもこの場面は、長男の目に焼き付いていたのだと思います。本を読んであげてから、一ヶ月ぐらい過ぎた頃、次男が少し雨に濡れて帰ってくると、僕がするからと、タオルを出しドライヤーで髪を乾かしてあげ、弟の好きなホットレモネードを作ってあげました。この本は、長男を一つ大きくしてくれた本です。

    掲載日:2002/10/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵なお話

    まほうの夏が好きで同じ作者コンビの本を発見。
    読んでみると続編?と思う作品でした。
    ある冬の日、雪はどんどん積もり、大雪になる前に帰宅することに。
    お友達はお父さんやお母さんが迎えにきてくれるけど、ぼくのお父さんとお母さんはお仕事だから一人でバスで帰ることになります。
    バスを待ってるなか雪はどんどん降り、手も足も冷たくて、だんだん心細くなります。
    でも、まわりの大人の人達がそんな僕を気にかけてくれて、声をかけてくれたり手袋をくれたりします。
    大雪という状況のなか心細い子ども心をうまく表現するとともに、人の温かさが伝わってくる作品です。
    家に帰ると先に帰ってたおにいちゃんが労ってホットミルクを作ってくれます。無事に家にたどりついて読者もほっと安心します。
    それにしてもちゃっかり者のおにいちゃん。物語を読み終わってから、表紙をよくよく見てみると…大笑いしました。
    寒い冬にほっこり温かくなれる素敵な作品です。

    掲載日:2016/01/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの不安になる気持ちなどがうまくかかれてあるなあと思いました。お兄ちゃんは先にタクシーで帰ったとこや、バス停で待つ間、自分と同じくらいの子どもがいなかったなど、何だかわかる気がします。ホットミルクを用意してくれる感じもさすがお兄ちゃんだなと思います。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長女と重ねながら

    私が選んで借りました。このお話の主人公のゆいくんが1年生ということで、自分の長女と一緒だなと思って借りました。長女の帰り道と重なったので。(長女は歩きですが)

    ゆいくんはバス通学ですが、雪の帰り道に無事に家に帰りつくまでの様子が描かれています。もう1年生、でもまだ1年生。ゆいくんのお母さんになったように読んでいました。でも、ちょっと手袋は取っておいてほしかったなと思うのは私だけかな?

    掲載日:2015/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれー

    働くママ・鍵っ子が増えた今だからこそ、リアルなお話でしょう。
    「仕事で迎えに行かれない」
    そんなママの事情が、ちゃんとわかっているんですよね。
    小学校低学年でも、自力で帰宅しようとします。
    大人から見ても、かなりハードな道のりを・・・
    でも、大きく成長したと思います。
    ママにも、しっかり伝わっていたことが嬉しかったです。

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0

46件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット