だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

かえるがみえる」 みんなの声

かえるがみえる 作:松岡 享子
絵:馬場 のぼる
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\950+税
発行日:1975年12月
ISBN:9784772100403
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,442
みんなの声 総数 49
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ことばあそび。でも、お話。

    「かえる」ににた言葉だけで作られていて、子供がその言葉を知らなくても、挿絵で内容が理解できるので、分かりやすい。
    何となく、新聞の4コマ漫画っぽい。
    「カエルがはえる」「カエルがふえる」が有り得なくて面白かった。
    娘たちが小学生になったら、この言葉を漢字に変換するなんてことして、テキストとして使いたいなあ。

    掲載日:2006/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 変化球もあり

    小学生の教科書に出てきそうな、同音異義語がずらり。
    馬場さんのイラストとあいまって、ほのぼの、不思議な世界が広がります。

    「かえるがふえる」のページでは思わず息子と笑ってしまいました。
    「かえるにべぇる」はちょっと変化球でしたね。

    語呂がいいと、言葉ってどんどん覚えられますね。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 来月6歳になる息子が、数年ぶりに開いたこの本。
    幼い頃は幼すぎて内容が全く分からず楽しめなかったのですが、さすがは年長さん。
    1人で読んで、面白いと感じた場面では親を読んで見せてくれました。

    言葉遊びだけでなく、物語にもなっているので更に面白いです。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • コトバとストーリーがよく合っています!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    「かえるはかえる」「かえるがはえる」といったリズミカルに続く言葉に、
    絵がしっかりついていっている面白い一冊です。

    聞いているだけでも面白いのか、
    日本語の分からない外国人の2歳の甥っ子も
    きゃっきゃと喜んで聞いてくれました。

    かえるが泣いて家にかえってお着替えするところなんて
    ストーリーとコトバがしっかりとリンクしていて、
    なかなかよくできてるなぁと思いました。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び絵本!

    4歳幼稚園年少さんの娘と一緒に読みました。
    絵は白と黒でとてもシンプルです。
    かえるが主人公の絵本で,かえるが○○/かえるは○○というように言葉遊びになっている絵本です(○○は動詞)。
    4歳の我が家の娘には知らない動詞も出て来たので,どこまで理解できたかは難しいところですが,面白い絵本でした。

    掲載日:2015/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松岡享子さんと馬場のぼるのコラボの絵本
    お話になっていて 笑えるんです
    馬場のぼるさんの絵が ユーモラスなんです

    こんなにも かえるで言葉遊びをたのしみ
    おはなしにするとは 松岡さんおもしろい 
    馬場のぼるさんの絵がいいんです

    かえるも食べ過ぎて・・・・メタボなんだ
    かえるの木はすごいな〜 

    こどもには ちょっとわかりにくい言葉もあるかな?   (なえる)
    縄をなえるもわかるかな

    ラストの かえるが 結婚して 夫婦がお家のなかで 窓しめて きえるという表現はおもしろい!
      
    たくさんの子供が誕生しましたね       おめでとう!
    ハッピーエンド!

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ことばあそび

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かえるがみえる、かえるにあえる…といった感じに「かえる」「○える」といったことばだけの絵本です。
    そしてその言葉だけでしっかりとお話ができているのがすごい!と思いました。この条件で面白いお話をつくるのなんて難しそうです。
    絵も良かったです。
    ことばって面白いですね。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉の勉強に

    馬場さんてこういうの得意というか好きですよね。
    私もついつい借りてしまいます。
    息子は言葉ははっきりしゃべりますが
    その「買う」「飼う」などの違いまではまだまだだと思います。

    そのため言葉の勉強ということで読み聞かせました。
    沢山のかえるが出てきていろいろなことに
    挑戦しています。
    それが楽しいですよ。

    最後はハッピーエンド!

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉遊び

    同じひらがなで、読み方を変えるだけで違う言葉になるっていう言葉遊びの絵本でした。うちの子にはまだ意味の分からない言葉もたくさん出てきていたのですが、なんか楽しい感じで聞いていたと思います。同じ言葉ばっかりだったからかな!?

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえる・かえっる

    「かえるが〜る」と、言葉遊びのような絵本ですね。
    「なえる」など、子供にとってなじみのない言葉もあるので、大人のフォローがあると良いでしょう。
    絵がシンプルでわかりやすいので、絵を見ながら少し説明しただけで、すぐわかってくれました。

    掲載日:2012/03/21

    参考になりました
    感謝
    0

49件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(49人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット