もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

いつでも会える 大型判」 みんなの声

いつでも会える 大型判 作・絵:菊田 まりこ
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784052027642
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「いつでも会える 大型判」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもにも解りやすい

    飼っている動物が死んでしまうと言うお話は沢山ありますが、その逆で飼い主の小さな女の子が死んでしまうお話です。
    文字も多くないので、子どもでも一人で読めました。
    シンプル絵の中に、動物目線からの大事な人の「死」が書かれていて子どもが読んでいて初めて「涙が出そうになった」と言った絵本です。

    死は悲しい事です。
    乗り越える事も大事と言う事も教えて貰えた気がします。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 涙で前が見えない

    簡単な文章と、簡潔な絵で描かれている絵本です。
    大好きなあの子(飼い主)が死んでしまったあとの、犬の寂しさが伝わってきます。
    生きていればまたいつか会えるけど、どれだけ会いたいと願っても、どれだけなでてほしいと願っても、もう会えることはないという悲しさが伝わってきて、涙があふれてとまりませんでした。
    大切な人を亡くしたことがあるかたなら、涙腺崩壊だと思います。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット