だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

すいぞくかん」 みんなの声

すいぞくかん 編:幼児ソフト企画開発部
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\580+税
発行日:2003年6月
ISBN:9784052016806
評価スコア 4
評価ランキング 19,432
みんなの声 総数 3
「すいぞくかん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 分かりやすい

    仕掛け絵本になっています。

    それぞれの生き物が最初イラストで書いてあります。

    その部分がしかけになっています。

    その次のページが実際の写真になっています。

    最後のほうのうつぼとかまんぼうとかは

    ちょっと怖い気がしました。

    図鑑というほどではないですが、

    それに近い絵本という意味ではいいと思います。

    掲載日:2012/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • まとまっていておもしろいです

    2歳8ヶ月の息子読んでやりました。こんど鴨川シーワールドに行くので読んでやりました。ただだらだらと海の動物が登場するのではなく、ある程度まとまりがあり、それらがどのような形で展示もしくはショーをしてくれるかまで提示してくれているので、わかりやすいですね。たとえば、いるかのショーをしかけで見せた後、このようなショーや仲間の動物たちを6種類ほど(シャチ、しろいるか、など)写真で見せてくれるのです。関連性とか、展示方法の類似などを強調しています。

    水族館で見られる主なものに限定されているので、初めて行く子に読んであげるにはちょうどいいですよ。

    掲載日:2010/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいです。

    水族館に初めて行った息子にぴったりでした。
    仕掛けも簡単で、写真とイラストが両方あるところもいいです。
    「いるかさんいたねー」「うん」なんて話をしながら
    子どもの成長を実感しています。

    掲載日:2009/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット