ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

いつかきっとみつかるさ!」 みんなの声

いつかきっとみつかるさ! 作:マークスペリング
絵:アレクサンドラスティール=モーガン
訳:久山 太市
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784566007833
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,619
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 夢を信じる

    恐竜が好き、どこかにいる、
    興味があるのは恐竜だけという少年マーティ。

    歳を重ね 私のような年齢になってくると、
    現実的になり、夢を追う、夢を信じる心より、
    今が大事なんだと思いがち。
    恐竜なんているわけないでしょ。。といいたいところだけれど、
    マーティの純粋な心で探しているストーリーに
    いつかきっとみつかるさ。。というタイトルの
    言葉が大切に思えてきました。
    絵本から大人の私の心が和むのを感じました。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • みつかる!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    これだけ強い信じる力と行動力があれば
    必ずみつかる!とつい言ってしまうような絵本です。
    恐竜が大好きな男の子が
    必死になって恐竜を探します。
    でも見つかるのはちがうものばかり。
    しかもエイリアンやユニコーンやドラゴンといった
    それだけでも珍しく興味津々なものがみつかります。
    でも恐竜をみつけたい男の子はそんなものには目もくれずに
    もくもくと探し続けます。

    いつか見つかるような気がします

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の夢を信じる力ってすばらしい!

    • ちいニャさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子10歳、男の子5歳、

    小学3年生の読み聞かせで利用しました。

    恐竜はいる、と信じて探しまわるマーティ。

    おばけやドードー、ユニコーンなど現実にいるはずのないものばかり次々に見つかるのに、マーティは見向きもしないで恐竜だけを探し続けます。この場面では子供たちは「えー!」を連発していました。

    最初と最後のページには恐竜の隠し絵があり、みんなで探して楽しみました。

    夢を信じる子供のパワーってすばらしい!と感じる絵本でした。

    大きくカラフルで見やすい絵本です。4歳くらいからおすすめします。

    恐竜好きの子はもちろん、そうでない子もきっと楽しめる絵本だと思います。

    掲載日:2012/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • マーティ、気づいて!

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ママに、恐竜はもういないと言われても
    どこかにいるはず、隠れるのが上手なんだ、と部屋中を探しまわる男の子、マーティ。
    すると、家の中から出てくる、出てくる!
    オバケ、こおに、ドード―、エイリアン、ユニコーン、ドラゴン!!!
    だけど、マーティは無反応。探しているのは一途に恐竜だけ。
    でも、オバケ達は放っておいていいの?!

    息子にはなじみがない、欧米のオバケや伝説上の生物?達も登場しましたが、
    オバケ達の鮮やかな色や変な体型、愛嬌のある表情で十分面白かったようです。
    私がページをめくるのが待てず、次のページを覗きこんだりしていました。

    ラストがまた楽しい。
    奮闘むなしく、恐竜に会えなかったにも関わらず、
    希望を捨てないマーティの家の外には・・・息子は大喜びでした。

    良く見ると、あっちにもこっちにも色んな生物や恐竜、
    雲の形なんかも恐竜の隠し絵が沢山あり、何度も楽しめます。
    辰年のお話会にもよさそうですね。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外な物語

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2003年のイギリスの作品。
    原題は、『FIND-A-SAURUS』

    物語は、
    「ある日、ママから恐竜の話を聞いたマーティは・・…
    ステゴザウルスと散歩したり、ブラキオサウルスとハンバーグを食べたり、ティラノサウルスとテレビを見たくなりました!」
    という書き出しで始まります。

    主人公のマーティは、恐竜は昔に死んでしまったというママの説明に納得できず、隠れるのが上手だからと思い込みます。
    ベッドの下、洗濯籠、お風呂場の棚、屋根裏、物置、池まで探すのですが、勿論みつかりません。
    でも、そこには何とUMAとかお化けとかがいるのです。
    そんな生き物に、全く興味を示さず、恐竜一筋にマーティの行為は笑えます。
    最後に、尻尾を捕らえたと思ったら、ドラゴン。
    マーティの
    「なーんだ・・…ただのドラゴンじゃないか!」
    なんてくだりは、爆笑モノ。
    ママに再度恐竜の説明を受けたマーティの答えが、恐竜は隠れるのが天才的というオチも素敵だと思います。

    あちこちに恐竜は見え隠れしているし、恐竜の隠し絵がふんだんにあったりするので、子供達も大喜びの作品だと思います。
    絵の色合いも、どこかファンタジーのような感じで、実にストーリーとマッチするもの。

    文句なしに面白く、超オススメの作品です。

    掲載日:2011/10/13

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / うんちしたのはだれよ! / よるくま / ちびゴリラのちびちび / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット