ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

かわいいむしのすごろく 上製版」 みんなの声

かわいいむしのすごろく 上製版 作:高家 博成 仲川 道子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784494030194
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かわいい虫がすごろくに

     絵本から生まれたすごろくは,いくつかありますが,小さい子供さんでも楽しめるのは,この「かわいいむしのすごろく」が一番ではないでしょうか。

     息子は,虫の絵本が大好きで「かわいいむし」の絵本シリーズもお気に入りでした。
     その絵本の主人公のだんご虫の「ころちゃん」や蝶々の「しろちゃん」がすごろくで登場します。

     すごろくは,途中で「虫カード」を集めながら,こまを進めるようになっていて,「あがり」に着くまでに,一番多く「虫カード」を集めた人が勝ちというルールになっています。(実際に息子と遊ぶ時は,時々「早くあがりに着いた人が勝ち」とルールを変えてやっていました。)

     また,「かわいいむしあつめゲーム」や「むしむしぴったんこ」等の別の遊び方も,できるようになっていて,ルールも息子が遊びやすいように,いろいろ変えて楽しんでいました。

     虫の絵は,絵本と同じでとてもかわいいのですが,ただかわいいだけでなく,「虫カード」が虫がいる場所(「林」や「水辺」など)で色が分かれていたり,自然に虫の事が覚えられるような工夫もしてあります。

     皆さんも,子供さんにあった遊び方で,楽しんでみてください。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きな絵本シリーズが!

    息子が大好きなこの虫シリーズ!
    絵本はすべてお気に入り。
    そんな虫たちが勢ぞろいのすごろくが出て、思わず飛びつきました。
    大きな大きなすごろくを床一面に広げて、みんなで楽しく遊びました。
    ただひとつ、お値段が安いので仕方ないですが、こまくらいはプラスチックがよかったなーと思ってしまいます。
    紙だと弱冠頼りない気がします。
    そして、むしむしカードはたくさんあるのですが、このむしむしカードを引く機会が意外と少なくて、子どもは退屈してしまって未だに最後のゴールまでゲームがたどりつきません。

    かわいいむしのカルタがあったら、そちらを買いたいなー。

    掲載日:2011/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット