だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

巣をつくるあなをほる」 みんなの声

巣をつくるあなをほる 出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年11月
ISBN:9784001162097
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子育て色々

    色々な虫の子育ての仕方が載っていました。解説の文は、ちょっと難しい感じもしたのですが、子供が分かるように訳しながら読み進めて行ったら楽しかったです。リアルな絵なので、本物を見ている感じがして、子供の感性に訴えかけるものがあると思います。

    掲載日:2012/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • “カタツムリの殻”に卵を産むハチ!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    小学校高学年の子どもたちにブックトークで紹介しようと思って図書館で探してきました。

    わかりやすい画と端的にまとめられた解説で、取り上げられている幾つかの虫の巣作りの様子がよくわかりました。
    表紙絵に登場しているハチは「マイマイツツハナバチ」というそうで、この本で紹介されている虫の中でも、特に変わった“カタツムリの殻”に巣作りをしていているんですよ〜。

    他にもいろいろな「穴」に卵を産んで隠すハナバチは何匹か紹介されていますが、この「マイマイツツハナバチ」ほど丁寧に卵を殻の中にしまいこみ、その“カタツムリの殻”を他の生き物に見つからないように隠す様は、本当にもう、びっくりです。
    こんな知恵をどこから思いついたのでしょうか?

    この本は、作品の中の絵は鮮やかでとても見やすいのですが、巣作りについての解説の文字がちょっと小さいので、
    読み聞かせですべてを読むより、ひとり読みかブック・トークとして紹介するのがいいんじゃないかと思いました。
    虫を含め、自然に興味のあるお子さんたちには特にお薦めです。

    掲載日:2012/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット