もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こんにちはむし」 みんなの声

こんにちはむし 作・絵:きたやまようこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1991年04月
ISBN:9784251001054
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,294
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 上から目線の発言が多いようでしたが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    本当はシベリアンハスキーのこの彼も虫と一緒に遊びたいのかな?お姉ちゃんが妹に読んであげていました。文字も大きくて絵もはっきりしていて読み聞かせしやすいようです。妹がちゃんと聞いていたかどうかは別として、このシリーズなかなかいいですね。

    掲載日:2018/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫もともだち

    目つきが悪くて、いかつい顔(そういう犬種だから仕方ないのですが…)、そのうえ、言葉つかいも、上から目線で偉そうな、いばりいぬのシリーズです。
    この巻では、むしたちにも、交流します。あり、くも、てんとうむし…
    自分との違いを冷静に観察します。もちろん、いつものように違うもにも愛をもっていますよ!

    掲載日:2018/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 短いけれど面白い!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子3歳

    3歳の娘と読みました。

    行く先々で会う虫たちに、ぶっきらぼうながらも
    「こんにちは」と挨拶をする犬。

    あいつ おしりに ひも つけてる
    おれ くびに ひも つけてる

    など、相手とおれを対比させてあるのも
    なかなか笑えます。

    いつも散歩コースで会っている虫たちに対する
    犬のささやかな愛情を感じて、
    短いながらも、なかなか面白い一冊です。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の目線で

    お散歩の途中で見える、いろいろな虫。
    犬の目線で見ると、こんな感じになるのでしょうね。
    「いばりいぬ」らしいコメントの一つ一つに、笑ったり、妙に納得したり。
    虫のほうは、「いばりいぬ」をどう思っているのかな?
    そう考えると、面白かったです。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • リードは誰が引っ張っている?

    少しひらがなが読めるようになった4歳の娘と読みました。

    ゆうたくんちの威張り犬。
    お散歩中に出会うアリ・クモ・てんとう虫との会話が面白いです。

    途中まで、リードを誰が持っているのか分かりませんが、
    クモと会話中にうんちをすると、無言でうんちを片付けるゆうたくんが出てきて、娘はゆうたくんの登場に喜んでいました。

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かっこいいじんぺい!

    このシリーズが大好きなのですが,
    今回は「じんぺい,かっこいい!!」
    って,言ってしまうほど,
    素敵なじんぺいに会えます。
    むしたちのちょっとした習性もわかり,
    期待をうらぎらない内容でした!!
    おもしろいです♪

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいな〜じんぺいのキャラ!

    図書館で何を借りようかなって思った時にはコレ!
    っていうくらい 『ゆうたくんちの いばりいぬ』シリーズは親子で大好きです。
    強面のシベリアンハスキーのじんぺいのキャラがなんともいえないですよね。
    今回は虫に語りかけてるお話。
    私も実際飛んでいる虫をじーーーっと目で追っている犬を
    何度か見かけたことがあり
    このじんぺいみたいなことを考えながら見ていたんだな〜なんて
    ニヤリとしたりして面白く読みました。

    相変わらずの詩的な言い回しにも 唸ってしまいました。

    掲載日:2009/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • そこはかとなくおかしみ

    わが家で人気のいばりいぬシリーズです。

    ニヒルで強面の犬。犬と虫の対比がおもしろく、最後にはやはり犬の優しさが感じられます。

    淡々としたお話なのですが、そこはかとなくおかしみがあり、最後は優しさでしめるというのが気に入っています。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • いい味だしています^^;

    ゆうた君ちのいばりいぬシリーズ面白いですね!
    分量が少ないので、小さい子でも楽しめると思うのですが、
    このまぬけぶりは年が大きくなるに連れ、面白さが倍増していくのかなあ…と、読んでいる息子をみていると感じます。

    ぶっきらぼうにみえて優しいじんぺい。
    このアンバランスさがこの絵本の魅力です。
    1年生の息子は、もちろん自分で読める量なので、
    この絵本だと自分が読んであげる!!と絶対いいます。
    自分が読んでその面白さを伝えてあげたい!と思っているようです♪

    掲載日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 見回り

    ゆうた君ちで飼っているいばった犬のお話です。

    今回は虫の観察といった感じでしょうか(笑)
    なんでも“あいつ”呼ばわりで、上目目線から話す犬が面白く描かれています。

    文章は短いですが、虫と犬との違いを上手く言葉で表現しています。
    もしかしたら散歩している犬たちも、こんな風に“見回り”をしているのかもしれませんね(笑)

    沢山の虫と会話する犬の姿が面白いオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット