もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン」 みんなの声

おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン 文:小手鞠 るい
出版社:博雅堂出版
本体価格:\2,912+税
発行日:1992年10月
ISBN:9784938595043
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,383
みんなの声 総数 4
「おはなし名画シリーズ(1) ゴッホとゴーギャン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 画家の意外な一面

    ゴッホが自ら左耳を切ってしまった、心の病にかかっていた・・・
    というようなエピソードは何となく聞いたことがありましたが、
    この本をしっかり読んでみて、衝撃を受けました。

    心の病を患った画家の絵・・・と聞くと
    どうしても不気味な作品を想像してしまうのですが、
    掲載されているボッホの絵は
    どれもカラリと明るく、力強い印象だったからです。

    また、ゴーギャンの章では
    妻に画家の道を歩むことを反対され、心が通うことはなかったと知り、驚きました。
    画家の妻は皆、夫を献身的に支える印象があったのですが
    自分の夢ばかりを追いかけるゴーギャンのことが、奥さんは許せなかったのでしょうか。

    たったひとりで南の島で息を引き取ったという最後には
    寂しさを感じる反面
    「もしかすると、大好きな地で絵を描きながら過ごすことが出来て
    彼は幸せだったのかもしれないな」とも思いました。


    この「おはなし名画」シリーズを読んで感じたことは、
    後に有名になる画家たちは皆
    「なりたいな、なれたらいいな」ではなく、
    「絶対になる」という強い信念を持っていたんだという事です。
    展覧会に落選したり品評会で酷評を受けたりしても屈することなく
    世間に媚びず、自分のスタイルを貫き通す。

    絵そのものだけではなく、その作品の作者自身も皆魅力的だと思いました。
    かっこいいなと思いました。

    掲載日:2014/01/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 画家のドラマがおもしろい

    • やすぴんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子7歳

    損保ジャパンの東郷青児美術館でゴッホのひまわりを鑑賞した際に購入しました。11歳の息子が買いたいと選んだ本です。表紙が素晴らしく、ついみとれてしまいました。もちろん中身も素晴らしいです。読みやすく、子供でも絵画に親しめるような構成になっていると思います。

    掲載日:2009/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • どうして生きてる間に絵が売れなかったんだろう・・・?

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘、10歳の息子と読みました。

    ちょうど上野にゴッホとゴーギャン展がきていたのに、
    5日前に閉幕してしまい、見に行けなかった〜!
    という残念な思いをかかえ、子供たちと読んだ絵本ですが、

    この絵本を一緒に読めてよかった!

    ゴッホとゴーギャンのそれぞれの絵、
    そしてその絵をかいたいきさつなどが、とっても分かりやすく
    説明されています。

    絵もとても大きく載っていて、結構な迫力。

    ゴーギャンに去られ、病気をかかえながら、絵も売れることなく
    不遇のまま37歳で亡くなってしまったゴッホ。
    有名な、耳をそり落としたエピソードももちろん紹介されています。

    一方のゴーギャンは、せっかく就いていた仕事もやめ、
    家族を置いて夢を追いかけタヒチへ。
    フランスへ戻っても待っている家族も失い、再びタヒチへ。
    ゴーギャンは貧困と寂しさの中、孤独に死を迎えたことは、
    この絵本で初めて知りました。

    どうしてこんなに有名な画家さんたちなのに、
    生きている間に絵が売れなかったんだろうね。
    そんな思いがふと胸をついてくる、迫力の絵の中でも切なさがこみあげてくる一冊です。

    掲載日:2016/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迫力があります

     ゴッホの絵も、ゴーギャンの絵も、どこかで見たことがあると思います。迫力のある絵です。
     「ひまわり」や「教会」など、動き出しそうです。

     ゴッホもゴーギャンも才能がありすぎて、ぶつかってしまいますが、そうだろうなと思いました。
     日本に来たがっていたゴッホ、もしも来日していたら、どんな絵を描いたでしょう。
     お話を読みながら、じっくり絵を鑑賞したいです。

    掲載日:2012/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのにちようび / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット