モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう」 みんなの声

リゼッテとみどりのくつしたかたいっぽう 作・絵:カタリーナ・ヴァルクス
訳:ふしみ みさを
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784861011108
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,463
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 幸せ呼ぶくつした

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子10歳、男の子7歳

    この絵本には、いろんな友だちが登場します。優しい子、いじの悪い子、、、読みながら自分が子どもだったころの交友関係を思い出してしまいました。いろんな子がいても、それはそれで楽しかったなあと。この絵本を読むと、友だちと関わることで、一喜一憂しながらも、小さな幸せを見つけていくリゼッテに共感し、自分と重ね合わせてしまいました。
    くつしたは片方だけでは役に立たないと思うけど、使い方によってはそうではないことを教えてくれます。くつしたに限らず、固定観念にとらわれない思考をすれば、広がる世界があるものだなあと気づかされました。考えようによっては、残念なできごとも幸せなできごとに変わるのかも。そう考えると、人生は楽しいことばかりですね。
    子どもといっしょに読むことで、子どものこれからの将来によいエッセンスが加えられるのではないかなあと、期待してしまう一冊です。

    掲載日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふふふ

    (かわいくって、ちょっとヘンなおはなし。)
    ほんと、その通りのお話でした。

    道で拾った、片方だけの緑のくつした。
    素敵なくつしたがすっかり気に入ったリゼッテ。
    ですが、片方だけじゃ役に立たないと言われ、それもそうだと、もう片方を探すのです。

    リゼッテたちの純粋さ、お母さんの余裕があって気の利いた対応、無邪気な魚、とっても和みました!

    みんなをしあわせにする、緑のくつしたのお話です。

    掲載日:2016/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいお話でした

    このお話はとてもいいお話でした。

    緑のくつしたを一足ひろったことから始まりますが、

    この一足しかないというところが

    お話をよくしていきます。

    いじわるなねこの兄弟も出てきましたが、

    このいじわるも、のちにいい結果を招きます。

    キレイで鮮やかなこのくつした、

    もともとは誰のものだったのかはお話の中に

    出てきませんでした。

    掲載日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • チャーミングなリゼッテ

    小鳥のリゼッテはとても素直な子だと思います。目の前で起こることにいつも一生懸命。

    かたいっぽうの靴下を拾って喜んだかと思うと、いじわるなネコたちの言葉に落ち込んでみたり、ねずみのベベールが帽子にするのを見てたちまち元気になったり。

    利発なタイプとはいえないかもしれないけど、なんだか放っておけない愛らしさがあります。子供らしい子だな〜と。

    お母さんにもご注目。リゼッテのやることなすことを受け入れ、優しく見守っています。
    こんなお母さんだからリゼッテがチャーミングな子に育っているのですね。

    緑の靴下などファッションも効いているフランス絵本。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • くつした帽子

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    リゼッテがみどりのくつしたを片方だけ拾います
    でも片方ではくつしたとして使えずに
    もう片方を探します。
    友達のねずみのベベールは
    くつしたを見て迷いもせずに頭にかぶり帽子にしてしまいます。

    くつしただから1つじゃ困ったのに
    何の先入観なく帽子とひらめく感じが子供らしくもあり
    すがすがしいきもちになりました

    お友達とおそろいのってうれしいですよね
    「お母さんが作ってくれてよかった。仲良く一個ずつで・・・」と
    息子も胸をなでおろしたようです

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんがお気に入り

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    表紙の可愛らしいリゼッテに惹かれて読んでみました。
    道で拾った片いっぽうだけの靴下を喜んで履く無邪気なリゼッテ。
    せっかく嬉しい気持ちだったのに、いじわるなネコたちの一言でしょんぼりしてしまいます。
    でもお友達のねずみさんの一言でまた元気に!
    ところがまたまたネコたちにいじわるされて・・・。
    絵本の世界ぐらいは良い人ばかりの方がいいなぁと思うのですが、実際の社会にはいろんな人がいるので、現実を見せるという意味ではいいかもしれません。
    個人的には、「拾った靴下をそのまま履いてはいけませんよ」と何気なく突っ込みながら洗濯し、内緒でもう片方を編んであげる目つきの色っぽいお母さんがお気に入りです。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なおかあさん

    拾った片方の靴下を懸命に探すリゼッテの姿に物を大切にする心を学びました。とてもお気に入りでも片方だけの靴下になると捨ててしまう私なので、これからは、違う使いみちがあるか検討してみようと思いました。リゼッテのおかあさんが、同じように靴下をもう片方を編んでくれたのです。さすが、おかあさんと感心しました。リゼッテをとても愛していると思いました。母親の愛情に包まれて育つ子は優しいと思いました。お気に入りの緑の靴下をネズミさんにあげる気持ちの優しい子です。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 緑の靴下

    ユニークな主人公の友達のアイデアの御蔭で私もこれまで一辺倒の靴下の使い方しかしていませんでしたがもっと楽しい使い方がある事を学びました。そして、靴下が2足ある事はとても意味がる事なのでと再確認しました。素敵だなと思ったのは主人公のお母さんです。主人公の心の中までおみ通しな所にびっくりしました。娘が何を欲しているのかを察する力はやはりお母さんならではだなと感動しました。

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / がたん ごとん がたん ごとん / ぴょーん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット