ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

わくわくいきものランド」 みんなの声

わくわくいきものランド 作:竹野 栄 長谷川 康男
絵:竹野 栄 長谷川 康男
出版社:太平出版社
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年04月
ISBN:9784803132229
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「わくわくいきものランド」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ザリガニが出てきます!

    今、ザリガニ・ブーム到来中の息子にどうかなと思い、読んでみました。

    たけしが学校へザリガニを持ってきたシーンからお話は始まります。
    読み進めるうちに、たけしの学校の教室にはいろんな生き物が集まって、
    いきものランドになっちゃいます!

    ザリガニ好きな息子は、最初から最後まで喜んで聞き入ってくれました。
    途中、カメのメカこが脱走してしまい、みんなで探すシーンがあったのですが、
    そのシーンが気に入ったらしく、何度も読み返しては笑っていました。

    この本を読んだ数日後、息子も学校へザリガニを持っていきました。
    教室にはこの本のようにみんなが持ち寄って、ザリガニやカマキリ、
    ヤゴなどを飼っているらしくて、いろいろ重なるところもあったようです。

    この本は「わくわくせいかつか」シリーズで、全12巻とのこと。
    ”初めての学校生活がわくわくと楽しめるように1年生におくる本”とのことで、
    なーるほど、小1の息子に内容がピッタリだった理由がわかりました。
    シリーズのほかの作品も読み聞かせてやろうと思っています。

    掲載日:2008/07/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット