十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ぞうのホートンひとだすけ」 みんなの声

ぞうのホートンひとだすけ 作・絵:ドクター・スース
訳:わたなべ しげお
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784033480404
評価スコア 3.63
評価ランキング 31,762
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 映画にもなりました

    ぞうのホートンは、どこかから聞こえた助けてという声で、どこから聞こえたかわからないけど、なんとかしようとします。

    わたげの中の声なのかな、と思い、ゴミだとかほこりだとか言われるわたげをもって、守ってあげようとします。みんながそんなのの中には何も住んでいないよ!と笑い、大鷲がわたげをどこかに落として、似ているものだらけで探すのに困るホートン。

    ホートンは優しいですね。

    でも、カンガルーに、そんなの誰もすんでいないから、油に落としてやると言われて、困ったホートンはみんなに大声や大きい音を出すよう、わたげの村の人に言います。


    なんとか、信じてもらえる、、、、そんな話です。

    アニメ映画にもなっているので、両方みると楽しいかも。

    絵は少し、古い感じがします。

    掲載日:2016/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 少し長めの絵本です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ドクター・スースの作品は絵本としては、どれも少し長めですので、あまり小さいお子さんだと、聞いていて飽きてしまうかもしれません。

    この絵本を読んであげるとしたら、まずは短めの絵本などをいくつか読んであげて、物語の楽しさになれてから読んであげるといいかもしれません。
    絵柄はとても愛嬌のあるので、一度気に入ったら何度も読み返したくなるほど、ファンになるかもしれません。
    残念ながらうちの子どもたちはそこまで気に入らなかったようですが、作品としてはとっても素晴らしいので、読んで損はありません。

    掲載日:2010/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 展開にドキドキ

    動物ものが好きな息子が選んだ本です。

    ほこりの中に小さい人が住んでいるといって、ほこりの中の村を守ろうとする象の姿は、痛々しいほどです。
    あまりにも回りに理解されず、不当な扱いを受けてしまうので、読んでいて、この先どうなってしまうのかと心配になりました。

    たったひとりのなまけものがいたせいで、小さい人たちの声が動物たちに届かず、その一人が協力したおかげで、動物たちに声が届く、という話の展開は、どんな弱いもの同士でも、一人残らずみんなで協力することによって障害を乗り越えていけると教えているようです。

    優しい象が、最後まで暴力的な手段に訴えなかったのも、読んでいて切ないけれども、教訓のような内容だと思いました。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホートンのお人よしぶり

    ドクター・スースの本があると、今度はどんな話かな?と気になり読んでたみたくなります。

    ぞうのホートンのお人よしぶりに好感が持てます。

    途中の展開が読めずいつもハラハラドキドキな展開で、絵本としては長いのですが、一気読みしてしまいます。

    小さい命を守ろうとするホートンの姿にエールを送りたくなります。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 映画化されたので…

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子7歳、女の子5歳、女の子1歳

     映画化されたので、子どもたちに読みました。でも実は「ぞうのホートンたまごをかえす」の方がお気に入りなのです。
     ホートンの誠実さがここでも貫かれています。周囲からなんと言われようと自分の信念を貫き通すホートンの姿は、素晴らしいですね。ついつい周りに流されてしまう私たち親子にとっては、反省するチャンスを与えてくれた絵本かも…。
     映画と比べて読むのもいいかもしれませんね。読み聞かせなら幼稚園でもOKでした。

    掲載日:2008/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外なお話

    ホートンにだけ聞こえる小さな小さな声。
    その声の主とは…

    あまりにもありえない設定というか、
    奇想天外すぎて、
    本当なの?そうなの?といった感じで、
    いまいちお話が理解できなかったようです^^;

    でも、他の動物たちにからかわれようが、
    一歩もひかないホートンの姿って、
    子どもが意地になっている時の姿に重なっちゃいましたね。
    子どもの話を嘘と思わず、
    しっかり耳を傾けることって大事だよなあ〜というのを
    改めて感じた絵本でもありました。

    掲載日:2008/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇想天外なお話

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    1954年初版の作品で、日本では1985年に翻訳されています。

    物語は、ぞうのホートンが埃の上の目に見えない世界を守ろうと孤軍奮闘するというもの。
    頑なに守り通そうとする姿に共感を覚える子供は多いことでしょう。
    確かに、ぞうは小さな音も聞くことが出来るのかも知れませんが、他の動物達が全くその存在を信じようとしないという設定が絶妙です。
    そして、その登場させる動物のキャクターも際立っていて良いです。

    文章はかなり長く、幼年童話の範疇ですが、テンポが良いのでさほど長くは感じないかもしれません。
    奇想天外なお話を楽しむといった趣の一冊です。

    掲載日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



エルメス家がお手本!正しいマナーを身につけましょう

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット