だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

おばけのめをみて おとうとうさぎ!」 みんなの声

おばけのめをみて おとうとうさぎ! 作・絵:ヨンナ・ビョルンシェーナ
訳:菱木 晃子
出版社:クレヨンハウス
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784861011122
評価スコア 4.61
評価ランキング 3,041
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おとうとうさぎは、おばけが怖い。でも目を見たら、なんだか悲しそうに見える。そしておばけを拾って家族にしてしまいます。

    なかなか面白い意外な展開で、娘も気に入ったようです。北欧っておばけとかもたくさんいそうですね(笑)

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖さと可愛さ☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    もりのこわいところに迷い込んだおとうとうさぎ。
    おばけに会って、逃げ出してしまいました。
    目を見なかったので、どこまでもついてくると言われ・・・

    可愛らしいうさぎたちの絵と
    それなりに怖いおばけと森の様子。
    線がたくさん描きこまれたその独特な絵は
    大人が見ても楽しかったです。
    (でも娘にはこのうさぎたちは可愛くみえなかったそう。
    好みのようです。)
    色合いがダーク、文字もそれなりに多いです。

    おばけ!!!のページはドッキリ。
    最後はみんな仲良くて良かったです。

    掲載日:2015/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特の世界観が

    4歳の息子と読みました。
    彼はお化けがちょっと怖いみたい。

    まずは、とても気に入ったのは、この絵本のイラスト。
    ペンで線の模様を丁寧に書き込み、独特の世界観が。
    手が込んであり、それだけで雰囲気満載で引き込まれます。

    そして、キャラたちのかわいらしいこと。
    海外的なゆるかわ系?

    息子は、木のお化けたちがどこにいるかを探すのに夢中でした。
    最後のオチもかわいらしかったし。
    とても楽しかったみたいです。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 垂れ耳がぴったり

    絵の世界観にやられました。
    森の中はじっくり見入ってしまうほど描き込まれていて、独特の色使いが怪しい雰囲気を醸し出しています。
    個性的で、とてもいいですね。

    主人公は、こわがりだけど素直でやさしいおとうとうさぎ。
    パパうさぎのおつかいで森に出掛けましたが、いつの間にかもりのこわいところに入ってしまいます。そこにはおばけが住んでいるとか…。

    結末はおとうとうさぎらしさが出ていて、微笑ましくなりました。
    というか、なんだか羨ましくも思えますね(笑)

    気になったのはトムテです。もりのこわいところの住人なのになんで親切なんでしょう?
    ツンデレなのかな。

    最後におとぎのもりのちずも描いてあるので、読んだ後もとても楽しめますよ!
    子どもは好きだと思います!おすすめです!

    掲載日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うさぎのぼうけん

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    おばけが好きな娘に読み聞かせました。

    おばけの本と思いましたが、これはおとうとうさぎの冒険の絵本です。
    ブルーベリーを摘みに行ったら蝶を追い掛け回し、気がつくと怖い森の中に・・・
    森の中は怖さ満点。
    絵を見て怖いと腕にしがみついてきました。

    最初はおばけもこわいと言って腕にしがみついていた娘でしたが、おばけが本当は友達がいなくて寂しがっていると知ると、おばけに対する見る目も変わったようでした。

    他にもシリーズがあるようなので、読み聞かせたいです。

    掲載日:2012/11/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです!

    前に借りた『まじょにはクッキーおとうとうさぎ』がとても面白かったので、借りてきました。こちらも面白いです。4歳長女はもう何回も読んでいました。

    心に残ったのは「おばけはよわむしがすきなんだ。ちゃんと目をみないといけない」という言葉。最後に頑張っておとうとうさぎがおばけの目を見ると・・・。

    とても楽しいお話です。それにしてもママうさぎは心が広い(笑)私なら無理だと思いながら読みました。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒット!

    • 海猿さん
    • 30代
    • その他の方
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳、

    息子達は、お化けは怖いが話は聞きたい(笑)
    なので、この本は息子達には良かったです。

    おとうとうさぎは怖がり。
    お父さんに頼まれブルーベリーを取りに森に行くと、綺麗な蝶に気を取られて迷子に。
    そこで、トムテに出会い、お化けに遭遇する話し。
    最後は意外な展開で息子達もビックリ!

    次男は特に怖がりなので「お化け来たら、目を見る!」っと真剣でした。

    掲載日:2012/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実は・・・

    この絵本の中に出てくるお化けは実は・・・・とっても寂しがり屋でした。うちの子に「このお化けと仲良くできる?」って聞いたら、「絶対無理!」って即答しました。お化けが好きでお化けの絵本をいっぱい読んでいるのですが、この絵本の絵が一番怖く見えるらしく、この絵本のおばけは見るだけだそうです。大人でもちょっと怖い感じのタッチの絵ですもんね。

    掲載日:2012/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お風呂に入ったら・・・・

    怖いおばけがお風呂にはいったら、ぴかぴかのちょっとキュート(?)なお化けに変身して笑えました。うさぎもあんまり可愛く画けてないですがインパクトのある絵に何故だか惹かれました。パパうさぎのブルーベリー・パンケーキがどうなってしまったのか気になる私でした。
    寂しいお化けも家族の一員になってハッピーエンドなのでしょうね?

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • み、みてもいいの!?

    おばけが怖いおとうとうさぎ、チョウチョにつられて
    気がつくと「もりのこわいところ」に!!
    かえりみちがわからなくてこまっていると、
    トムテというふしぎな人が助けてくれます。
    そのトムテが教えてくれたことは
    「おばけの目をちゃんとみること。」
    そのアドバイスにより、おとうとうさぎは、
    おばけを怖がるどころか、おばけと暮らすことになるのですが、
    「えっ!?おばけって、目みていいの??憑りつかれないの??
     というか、これってもしかして、
     おとうとうさぎ憑りつかれてるんじゃあ・・・???」
    と、真剣に考え込んでしまいました。(←怖がり)

    でも、
    続編の『まじょにはクッキーおとうとうさぎ!』もそうですが、
    このシリーズ、この「こわ不思議ムード」がいいんです☆
    おばけ好きの娘にもなかなか好評です☆
    絵も外国人著者らしく、新鮮な感じがしました☆

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット