ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おいしいおとなあに?」 みんなの声

おいしいおとなあに? 作・絵:さいとう しのぶ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2002年05月
ISBN:9784251039729
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,915
みんなの声 総数 50
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 音が楽しい!

    美味しそうな絵本はついつい読んでしまいます。
    動物たちがいろんなメニューを食べているのですが、とっても美味しそうで音が今にも聞こえてきそうな感じです。食べているのは動物たちなのに妙にリアルで不思議な感じです。
    大人でも何度も開きたくなるそんな絵本です。

    掲載日:2016/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音あてクイズ♪

    おいしいものを食べるとき、
    いろんな音が聞こえてくる
    どんな音?
    もぐもぐ、ペロペロ、ぼりぼり・・・?
    絵本からとびだしてきそうな音と食べ物の絵は
    眺めているとお腹がすいてくるほど
    動物さんの食べてるものはなに?
    絵の部分を隠して、クイズみたいにして
    読んであげたら楽しんでいました

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもが2歳のころから読み聞かせていました。

    いろんな動物が食べる食べものの音。
    その音からとってもおいしそうな食べものが連想されます。

    どれもすごくおいしそうに食べている動物とごちそうが描かれています。
    それも、すごくディテールにこだわった絵で面白いです。
    (うさぎとかめがジュースを飲んでいるシーン、かめの足元にはトロフィーが・・・!)

    いろんな擬音語で、ものの様子や食べもののおいしさが表わせることができる、
    そういったことでまた、言葉の発達を促せられる一冊だと思います。

    掲載日:2014/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べ物なら、この方!

    食べ物や、食べる姿といったらこの方、さいとうしのぶさん!食べることは生きること。子どもは、たいてい食べ物の絵本が好きですよね。
    味ではなく、食べる「音」に着目したこの絵本、なかなか面白いです。「じゅー じゅー じゅー」とハンバーグを前によだれをたらすライオンさんのすぐ後ろには、シマウマさん!!
    大人もドキドキ楽しめるユーモアが散りばめられています。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べる楽しさが伝わってくる絵本

    さいとうしのぶさんの絵本が好きで、
    図書館から借りてきて4歳と9歳の娘たちと読みました。
    2歳くらいが対象年齢だと思いますが、うちの子たちは存分に楽しんでいました。

    どのページもおいしそうでおもしろくて和みます。
    すいかのページのアリさんが、次のページにも登場していたり、
    じっくり見るとますます面白かったです。

    最後のページでは、オオカミさんがおみそ汁を作っていますが、
    後ろで新聞を読みながら待っているのがヒツジさんだったり、
    なんだかいろんなことも想像しちゃいます(笑)。

    裏表紙が、食器を洗っているところなのも良かったです。

    食べるのって楽しいね!と伝わってくる絵本です(^^)♪

    掲載日:2013/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズができます

    この絵本をつかって、クイズができます。
    まず、答える人に見えないようにして読みます。「つるつるつるるるるるー。何を食べているか?」ともんだいを出して、「うどん!」と答えたら、「せいかい!」といって絵を見せてあげるという感じです。
    わにがおせんべいを食べている姿がなんか変だったり、カレーを作っているお母さんギツネの顔がおもしろかったり、きりんが食べているソフトクリームがおいしそうだったり、この絵本の絵が好きです。
    一番さいごのページの「どんな音?」のところは、もんだいをかんがえることにもちょうせんできます。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音も美味しく食べる大事な要素

    さいとうしのぶさんの描くたべものの絵は、いつもとっても美味しそうです。『あっちゃんあがつくたべものあいうえお』や『あぶくたった』など、我が家でもお気に入りの絵本がたくさんあります。
    今回は食べ物の音がテーマ。オノマトペを存分に味わえます。食べ物って、音も美味しく食べる大事な要素なんだなということを、改めて知りました。
    3歳と5歳の子どもに読んでいたら、となりで聞いていた8歳の娘が、絵を見ずに食べ物の音だけを聞いて、「あ、おせんべい!」「それうどんでしょ」とか言ってきたので、クイズとしても楽しみました。「ぺろぺろぺろーり。なーんだ」と、家族みんなで遊べて楽しかったです。

    掲載日:2013/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • くいしんぼうの子におススメ

     いろんな動物たちが、いろんなシーンで、いろんな食べ物を食べる絵本で、それぞれ、いろんな音がします。簡単な文章とかわいらしいイラストで赤ちゃんから楽しめると思います。うちの食いしん坊息子は、動物が何を食べているのか興味津々で、色んな食べ物の名前も覚えられました。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しいお食事♪

    ごはんを食べるときの、いろんな『音』が
    登場します。
    こんなふうな音もあるある〜ってな感じで、
    とっても楽しく読めた絵本です♪
    動物たちが、食べ物を食べているところの絵が
    とてもおいしそうで、食事の時間が楽しくなる
    絵本です♪
    大きな声で、はじけて、読んであげてくださいね♪

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいしい音って・・・

    表紙からしても、もう美味しそうなんです。4歳の食いしん坊の娘には、もってこいの絵本でした。おいしい音がいっぱい詰まっていました。

    左のページには「ぱくっ もぐもぐ」「ばりっ ばり ぼり」という、美味しい音があって、右のページには様々な動物が様々なものを食べています。

    その絵が、ちょっと間抜けで、とっても面白いんです。
    お勧めです!!

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

全ページためしよみ
年齢別絵本セット