ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ぼくをそだてて」 みんなの声

ぼくをそだてて 作:accototo ふくだとしお+あきこ
出版社:主婦の友社
本体価格:\1,300+税
ISBN:9784072628003
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,879
みんなの声 総数 25
「ぼくをそだてて」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • その発想はなかった!

    迷路を絵本に組み込むとは、と感心しました。
    娘はまだ迷路が何だか分かっていませんが、
    それでも私のなぞる指先を見ては、一生懸命考えているようです。
    子どもの成長と共に読み方が変化する、面白い絵本です。

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 食べる迷路

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    題名からはわかりにくいのですが、迷路絵本です。
    虫たちが、食べ物を食べる様子を迷路に見立てている趣向。
    なるほど、迷路でたどっているところを、食べているようにとらえるのですね。
    この発想に脱帽です。
    迷路の難易度は低いですから、単純に楽しめますよ。
    もちろん、寄り道も楽しめそうです(笑)
    アイテムが食べ物、ということが魅力的で、
    食べることで成長する姿も、同じ境遇の子どもたちにピッタリです。
    迷路で楽しむなら、幼稚園児くらいから。
    小さい子なら、迷路というより、擬音たっぷりのお話を楽しんで。

    掲載日:2016/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞったり見守ったり

    かわいい動物たちが食べる
    りんごやケーキなどの食べ物が
    迷路になっていました
    おなかが空いたな、リンゴをむしゃむしゃけむしくん
    おなかが空いたな、葉っぱをばりばりかたつむりさん
    おなかが空いたな、はちみつをちゅうちゅうはちさん・・・
    ナゾって遊べました
    色もはっきりシンプルで可愛い絵本です

    掲載日:2015/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイトルがいい 迷路も楽しめて

    おなかがすいたよ りんごが迷路になっていて なかなか子供心をとらえているな〜
    だいまんぞく ごちそうさま 
    かたつむりのまんぞくした 描き方が いいですね〜
    アリさんは お家まで 運んでる アリの習性
    ねずみのおなか ぱんぱん
    ねこの ごちそうさまは お行儀良いな〜
    ラストは あおむしくんが チョウチョになるところ
    本当は ひらひら飛んでほしかったな〜 とおもったら
    裏表紙にチョウチョが飛んでいました

    ぼくをそだてて  タイトルは あおむしさんの成長を描きたかったのですね

    子どもたちは 理屈抜きで 迷路も楽しめます

    掲載日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • イチオシ、オススメの一冊!!!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。

    なんといい絵本を借りてきてくれたんだろうと
    娘に感謝・感動の一冊でした。

    アオムシがむしゃむしゃ食べながら進んでいくのですが、
    進んでいくのがなんと迷路!
    読者が指でたどっていって、ゴールしたら次のページへ。

    迷路は全部、簡単すぎもせず、難しくもなく、
    まさに3歳の娘にぴったりの難易度。
    私はこの絵本で娘にも迷路ができるということを
    初めて知りました。

    それにしてもこの迷路を使うという発想には脱帽です。
    本の大きさも、長さも、迷路の難易度も完璧。
    絵もかわいい!

    これはもうイチオシの一冊です!

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい♪楽しい♪

    図書館で3歳息子と5歳の娘が、二人でなにやらコソコソと絵本を読んでいました。どんな本を読んでいるのだろう?と思って覗き込んだら、この絵本でした。二人でめいろ遊びをして楽しんでいたのです。
    「いいの見つけたね」と私も仲間に入れてもらって、3人で楽しみました。
    とっても簡単な迷路なので、3歳でも上手にできていました。
    めいろはもちろん、イラストもお話もかわいくて楽しい。小さい子が自分で手にとってめくるのにピッタリだと思います。

    掲載日:2013/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通に読んでも!

    この絵本は、絵もかわいくて、内容もおもしろい
    ので、普通に読んでも、ぜひおすすめの絵本なの
    ですが、なんと迷路も楽しめるという、一石二鳥の
    素晴らしい絵本です。
    簡単な迷路になっているので、小さいお子様から
    できると思いますし、もちろん迷路をしなくたって
    楽しめる絵本です♪
    おすすめの絵本ですよ!!

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路しか眼中になかった

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳、

    よくよく見ると迷路になっている絵。
    可愛らしくて、つい手に取りました。
    5歳と4歳の息子と読みましたが・・・もうお話はシャットアウト!
    競う合うように迷路をするばかりでした(^^;
    程よく簡単な迷路なので、3歳くらいの子なら、お話も迷路も楽しめるかなと思います。

    掲載日:2012/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路つき

    動物が食べ物を食べる絵本なんですが

    その食べ物がちょっとした迷路に

    なっているのでもう少し大きい子でも

    別の楽しみ方があると思います。

    まだ迷路はできませんが

    絵本を読むだけでも充分満足の絵本です。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路

    1歳の娘と一緒に読みました。迷路は初めてでした。娘はまだ迷路を分かっていない様子ですが、一緒に手でなぞると嬉しそうでした。今は絵を見て楽しむだけですが、もう少し大きくなったら迷路で沢山楽しめる本だと思います。絵のカラーもイラストもはっきりしてて良いです。

    掲載日:2010/10/11

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット