貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

みかづきいけのカッパ」 みんなの声

みかづきいけのカッパ 絵:みやじまともみ
再話:かわだ あゆこ
出版社:アスラン書房
本体価格:\760+税
発行日:2002年11月
ISBN:9784900656710
評価スコア 4
評価ランキング 22,067
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 秋祭り

    カワタロとポンコちゃんの友情がいつまでも続いてほしいと願いました。カワタロとポンコちゃんの身に危険がないといいなあと思いながら読みました。やっぱり、妹のみよに送る花をポンコちゃんが手紙と一緒に花束にしてあるのがとても感激した私でした。秋祭りの日に、みかづき池の周りもお祭りでなにもおこらないで安心して終わったことに感謝しています。

    掲載日:2011/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共生

    みかづき池に棲むカッパのお話です。

    カッパのカワタロがお母さんに内緒でお花を取りに行った先で出会った、たぬきのポンコ。
    こっそりと二人が手紙と贈り物を贈り合うこと楽しんでいる姿が描かれています。

    いつしか、カワタロとポンコのお陰で、みかづき池の周りのおまつりも賑やかになります。
    些細な事がきっかけで、友達になったりすることってあると思いますが、池に棲むカッパと村に棲むたぬきが仲良く共生するということに感動しました。

    お互いに人間を恐れる生き物だからこそかもしれませんが、お祭りを楽しむ姿には笑顔が溢れていていいなぁと思いました。
    裏表紙の二人で相撲をとる姿が微笑ましくて好きです。

    夏の季節には一度は読んであげたい一冊です☆

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 透明くれよん10色
    透明くれよん10色
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★スルスル描ける新感覚クレヨン★     水彩えのぐみたいに下絵が透けて見える!


子どもの気持ちに優しく寄り添ってくれるおやすみ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット