なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

7月12日」 みんなの声

7月12日 作・絵:長谷川 集平
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年06月
ISBN:9784251030078
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,884
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • まず驚いたのが、自分のお誕生日に

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    男子が2人も、いや、男子が2人だけ自宅で開催されるお誕生会に来てくれたと言う事実。自分が小学校の頃だったらとても考えられないなー恥ずかしくて、と思いながら読みました。女の子のお友達はちゃんといるんだよね?なんて余計な事を考えました。

    掲載日:2014/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初恋でしょうか

    7月12日って何の日かとおもったら、主人公の誕生日。
    当人にとっては特別な日に、招待したあこがれの長谷川君と、「おまけ」の田中君。
    二人のちぐはぐさ、あこがれの長谷川君が不器用で、運動が苦手で、だんだんあこがれの彼といるうれしさがトーンダウンしていくところが乙女心でしょうか。
    贈り物にもらったオルゴール。
    外で遊んで置いてけぼりをくってしまった田中君と長谷川君が、「ごきげんとり?」に持って来たセミを納めて、なんとなくまとまった7月12日でした。

    乙女心もさることながら、長谷川君が作者を思い起こさせるところが、不思議。
    自分をモデルにした作品を読んでくると、長谷川君の自画像が等身大に浮かんできます。

    掲載日:2012/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • お誕生日

    長女の誕生日が7月12日なんです。
    この絵本を図書館で見つけたときには、感激しながら手に取りました。

    主人公の女の子は何歳か書かれていませんが、6才の長女よりも少し大きいかなという印象でした。
    男の子にも負けない元気な女の子は、きっと身近に一人二人いるはず。

    そんな元気な女の子の、初恋(?)のような女の子らしい雰囲気も、ギャップがあって面白かったです。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好きってどんな感じ?

    • ミトミさん
    • 30代
    • ママ
    • 岐阜県
    • 女の子9歳、女の子8歳、男の子0歳

    初めて人を好きになった時、こんな感じだったのかな?

    自分にもそんな時があったはずなのに思い出せません・・・(笑)

    いつかわが子にもこんな時期が来るのでしょうね。
    そんなことを思いながら読みました。

    そのときは何でもお母さんに話せる
    この親子のような親子仲でありたいな!と思いました。

    うちの子は、長谷川君より田中君のような、
    明るくて元気な子のほうが好みみたいです。
    私も田中君のほうが良いかな!

    さてうちの子はどんな子を好きになるのかな!
    今から楽しみです。

    なんだか、優しくて懐かしいお話しでした。

    皆さんも、若い頃の気持ちに戻って読んでみてくださいね。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初恋

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    胸がキュンとなる・・かわいいお話です。

    小学生かな?この頃の女の子は断然男の子より強い。

    運動面でもひけをとらない。

    主人公のわたしの誕生日のひとこまで『田中君』『長谷川君』が対照的に出てきています。

    この子は長谷川君のどんなところが好きなんだろう??

    好き・・って気持ちはどんな風にわいてくるんだろう??

    なんだか昔懐かしい初恋の人を思い出しました。

    このお母さんは「わたし」がどっちを好きなのかちゃんと気づいてる。

    私も娘の好きな人が分るかな???

    娘はどんな人を好きになるんだろう?

    なんだかとっても懐かしくて、親としてわくわくしたお話でした。

    娘も読んでいたんだけど・・・・

    「ふーん!!」・・まだまだ 『好きな人』とは縁がないみたいです。

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット