たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ねらってるねらわれてる」 みんなの声

ねらってるねらわれてる 作・絵:近藤 薫美子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,260+税
発行日:1994年
ISBN:9784892388552
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
「ねらってるねらわれてる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろい構成

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    まず、ここに感想を書こうとしたら、タイトル入力でつまずきました。
    「ねらってるねらってる」「ねらわれてるねらわれてる」のどっちかなあって。絵本ナビさんは「ねらってるねらわれてる」なんですね。なるほど。
    どっちが上なのか、本の向きに迷う絵本です。「ねらわれてる」をメインに読むか、「ねらってる」をメインに読むか、もちろん、両方楽しめます。虫の生活は常に、ねらってねらわれる毎日なんですね。私は虫じゃなくてよかったと思いました。
    どんな虫がどんな虫にねらわれているのか、あるいは、どんな虫がどんな虫をねらっているのか、かなり興味がわきました。
    ねらい・ねらわれの関係だけではなく、草むらのなかでどんな虫たちが生活しているのかなどを、くまなく観察することができます。細かいところまで描かれているので、いろいろな発見ができます。
    「ねらってるねらわれてる」の文字の並びがいい。このコトバは対にもなり、そして連鎖しているんだなあと、感心しました。

    掲載日:2010/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっちが表紙???

    • キョッチさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子6歳

    狙われてるけど狙ってる…狙ってるけど狙われてる…虫の世界の食物連鎖の絵本とでもいうのでしょうか。なかなか興味深い絵本です。

    表・裏の両方が表紙になっていて『ねらってるねらってる』と『ねらわれてるねらわれてる』の2つの楽しみ方ができます。

    リアルなようでコミカルなイラストなので、虫を怖がる子供でも楽しめると思います。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに表裏一体

    息子の好きな、近藤薫美子さんの絵本です。

    この絵本、最初はどうなってるの?と思ったんです。
    絵本の両面が表紙になっているし、背表紙だって上下が無い。
    中の文章だって、逆さまの字があるんです。
    でも、読み方が解かった時には、「なるほど!」と納得。
    「ねらわれてる」と「ねらってる」は、まさに表裏一体なんですね。
    そのことがうまく表現されていて、楽しく読ませてもらいました。
    逆さまにしても読める絵本なんて面白いなって思います。
    絵本を上下くるくる回しながら読みました(笑)
    息子も楽しかったようです。
    出てくる虫たちも、ナイフやフォーク、はさみや包丁などを持って
    いたりと、芸が細かく描かれていて楽しめますよ。

    掲載日:2008/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生き物の生態系が学べます。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    虫や生き物の世界には、狙っているものがいれば、狙われているものがいます。
    それを、とってもユニークに描きこんだこのえほんは、
    とっても芸が細かく、隅から隅までじっくりと観察できます。
    生き物の生態系が自然と身につきます。

    また、この絵本の特徴は、絵本をひっくり返して、
    後ろからもまた読めるというすぐれもの。
    狙っていたものが、また、別の者に狙われていたりと、
    発見と驚きで、親子で一緒に勉強できます。
    私も、カエルがヤゴに狙われているなんて知らなかった。

    虫や生き物が大好きなお子さんに、お勧めの絵本です。

    掲載日:2007/07/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 虫の世界の弱肉強食!

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳

    長男が大好きだった『かまきりっこ』と同じ作者の絵本で、表からも裏からも、ひっくりかえして読める作りがユニークだったので、図書館で借りてみました。

    『ねらってる ねらってる』の方から読んでみると、ねらってる立場の虫が主役に描かれていて、しかも、ねらわれてる立場の虫も、実はまた誰かをねらってる・・・それが続いていくのです。数匹の虫を描いた場面と、たくさんの虫を描いた場面が、交互に繰り返され、特に細かい絵を、ひとつひとつじっくり見ていくと、色んな発見がある、まるで探し物絵本のような楽しい絵本です。
    逆にして、『ねらわれてる ねらわれてる』の方から読んでみると、ねらわれてる立場の虫(カエルなんかもいる!)が主役に描かれていて、これまた続いてる。
    そして、ねらってる顔と、ねらわれてる顔が微妙に描き分けてあったり・・・とにかく芸が細かいです。

    しかも、ヤゴの方がカエルより強いなんて!知らなかった(恥)私には、けっこう勉強にもなりました。
    夏休みシーズン、虫などの生き物好きの子に、おすすめしたいです。

    掲載日:2005/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細かいところまで見てみて!

    • あっぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    虫たちのまさに獲物に飛びかからんとする「ねらってる」瞬間をくりかえし書いた絵本です。狙い狙われる虫たちの様子が、1ページにたくさん描かれていて、「こいつは、狙われてる、あぶない!」などと子どもと言い合いながら見ることが出来ます。上下ひっくり返しても読めるようになっていて、子どもたちと頭をつき合わせて探しっこすると盛り上がりそうです。フォークとナイフを準備する蜘蛛や、キスするナメクジや、、、虫が嫌いな人でもOKの可愛らしさ!すみからすみまで楽しめますよ。

    掲載日:2002/11/08

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット