モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

ねんね」 みんなの声

ねんね 作・絵:さこ ももみ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\740+税
発行日:2008年07月
ISBN:9784061938465
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,612
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とん とん とん

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     お話もイラストも優しく、1歳10ヶ月の娘のおやすみ前に読むにはぴったりの絵本です。
     なんだかんだと理由をつけて寝るのを引き延ばすまみちゃん。でも最後はお母さんに「とんとんとん」をしてもらいながら眠りにつきます。 「とんとんとん」って優しい音ですね。自分や子どもの小さかった時を思い出します。寝かせつけているはずの母の方が先にうとうと…私が体を揺するとまた「とんとんとん」としてくれました。
     今私が子どもを寝かせつけるときにも「とんとんとん」としています。最近では1歳10ヶ月の娘が眠たくなった時に、肩にのせるように抱くと私の背中をとんとんとんと叩いてくれます。
     「とんとんとん」親子で幸せになれる絵本です。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • まみちゃんも

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    『まんま』がよかったのでこちらも。
    おやおや、まみちゃん、ねんねを嫌がっていますよ。
    おばけ、鬼、オオカミがやってくるから怖い、ですって。
    ママは、大丈夫、と諭し、みんなねんねしているよ、と説きます。
    そう言いながら、パジャマに着替えさせ、歯の仕上げ磨き、絵本とぬいぐるみを持たせて、
    準備万端。
    お布団の中で、お母さんの、トントントン、が心地よいですね。
    なるほど、こんな伏線があっての、『まんま』のキャラクターなんですね。
    おやすみ前の絵本としても紹介しましょう。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 安心して眠りにつくこと

    暗い部屋にはおばけやおにやおおかみがくるから
    ねるのがいや、というまみちゃんにお母さんは
    優しく語りかけます。

    こわくてねむれない、というまみちゃんに
    着替えさせながら、歯磨きしながら、
    大丈夫、と優しく語りかけるお母さんの姿が
    読み手に安心感を与えてくれます。
    怖い存在であるはずのおばけたちにも
    お父さんやお母さんがいて、同じように夜は寝ていると
    いうところががほほえましいですね。
    絵も可愛らしいです。

    電気を消して布団に入ってもなかなか寝付かない息子に
    しびれをきらして「鬼が来るよ」「おおかみくるかも」
    と言ってしまっていたことがあったので、
    逆に怖がらせてしまっていたことに反省・・・。
    安心して眠りにつけるよう根気よく
    この本のようにとんとんとん、したいと思いました。

    掲載日:2012/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんとんとん

    なかなか眠れない孫です。

    ねんねの絵本でもなかなか寝付いてくれませんが、愛情がいっぱいの絵

    本は嬉しくなります。

    「とんとんとん」は、リズミカルで、「ねんね ねんね ねんねだよ」

    と、リズムがあっていいなあって思いました。

    抱っこして寝させようとすると、孫の方から、「とんとんとん」って

    反対に肩を叩いてくれます。響きがとってもいいです!

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな ねんねよ とんとんとん・・・

    1歳前から夜寝る時に読んであげています。
    心地よいリズムで読みやすいので、2歳前には娘も暗記していました。
    今では、娘にとって怖いものの代表は「おばけ」「おに」「おおかみ」の三つです(笑)
    でも「みんなねんねしたよ」と言えば安心できるみたいです。
    おやすみ前におすすめの1冊です。

    掲載日:2012/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねんねしてくれないー

    息子が10ヶ月の頃から好きだった本です。
    夜必ずこの本を本棚から出してきて、私のところに持ってきていました。
    10ヶ月の頃は私の膝に座って最後まで読んでくれていたのですが、1歳頃から(歩き始めると)もう3ページめくった頃でスタスタどっかに行ってしまいます。この本を読んで寝てくれるとうれしいんですが、この本を読んだ後もしばらく遊び続けてしまう息子です(笑)。

    掲載日:2012/01/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。お休み前の1冊として選んでみましたが、親子でお気に入りになりました。ここに出てくるお化け、とっても可愛い!おばけさんも一緒にねんねするところが良いですね。「とんとん」というリズムもとても良いです。我が家も寝るときは娘の背中を「とんとん」とすることが多かったので、この本読んでとても懐かしい気持ちになりました。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • とんとんとん

    1歳5ヶ月の息子の寝かしつけ用に。
    ねんね、までの流れを描かれてあります。
    主人公は女の子ですが、赤ちゃんなら男女問わず
    うちの子とそっくり、と思うはずです。
    この本のいいのは、寝るまでに
    着替え、はみがき(仕上げ磨きのスタイル)
    布団に入る、の動作も描かれていることです。
    自然と眠たくなるようで、子供も目をこすりながら聞いてました。
    とんとんとん、とリズムがあるのでとてもいいです。
    おすすめです!

    掲載日:2010/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さん、お見事!

    ねんねするのが怖いというまみちゃんを、お母さんが上手になだめて寝かしつけてしまう絵本、というのが私の感想です。
    子供ってなんだかんだ理由をつけて寝なかったりしますよね。
    まみちゃんの不安を上手に取り除くお母さんの台詞、さすが!と思ってしまいました。

    おばけや鬼やオオカミ、いずれも定番の悪役キャラですが、この絵本の中ではみんなお母さんと一緒にねんね。
    かわいらしいです。
    子供が眠れないときに読んであげたい絵本です。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズミカルな文章で心地よい

    おっぱいを卒業してから、寝かしつける手段がなくなり、いろいろと模索していたときに、この本に出会いました。
    ストーリーと一緒に、寝るまでの準備の絵がひそかに描いてあって、娘は、それに反応して歯磨きしてるねぇと言ったりしています。

    テレビもねんねっていうところがあるのですが、それを言うと、今まで嫌がっていた、電気も素直に消させてくれます。

    最近では、何回も読んでとせがまれ、最後のほうでは、自分で「とんとん」して目を閉じて自分から寝てくれるようになりました。
    絵もかわいくて、親子でお気に入りの絵本です。

    掲載日:2009/09/29

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / しゅくだい / ピヨピヨ スーパーマーケット / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット