だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

きつねのおてつだい」 みんなの声

きつねのおてつだい 作:ジョージー・アダムズ
絵:セリーナ・ヤング
訳:さいとうみちこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年01月
ISBN:9784198606404
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「きつねのおてつだい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • キツネはにわとりを食べます
    人間もにわとりや ぶたや牛を食べます。 もちろん魚も・・・

    このお話のきつねのアーノルドは にわとりがだいすき こんな始まりに惹かれました。

    たまごの中から ひよこが生まれるのを見るのが大好き、ひよこの誕生を眺めているのですね(こんなにかわいい ひよこを食べるなんて とんでもない。 アーノルドは命の大切さを感じたのですね!)

    きつねのお父さんもお母さんも 兄さんも姉さんもにわとりを捕まえて食べるのが当たり前、アーノルドはなんと家を出て一人暮らしをしようと考えるなんて・・・・  こんなきつねがいてもいいんじゃないと思えました

    なんでも ひとくくりにして物事を見てはいけないと 教えられた気がして、奥の深いお話だと思いました。

    すーっと単純に考えたらありえないかもしれませんが・・・・
    いろんなきつねもいるんだ(人間もいろんな人間がいるのと同じように)

    6匹のひよこのお手伝いさんになるなんて! 発想がおもしろい。
    ひよこを自転車に乗せて子守するアーノルドが優しいのをしり 農場のどうぶつたちとも友達になるなんて

    おうまさんごこ・スプーンきょうそう はねまくらのつくりかた まくらなげ ひよこたちにおしえるところが かわいくて ニンマリです。
    優しいアーノルドを信頼するひよこたちの関係がなんとも言えません「「たべるんじやないよ・・・・ともだちなんだ!」

    なんとも優しいきつねのアーノルドですね(哲学的な絵本に思えました)

    お薦めの絵本です!

    掲載日:2010/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • にわとりが大好きなこぎつね

    • だかりんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子4歳、女の子1歳

    最初の文章にドキッとします。
    「こぎつねのアーノルドは、にわとりがだいすき。いえいえ、たべるんじゃありません・・・」
    確かに、きつねはにわとりを食べますよね。
    というか、私達人間でもにわとりを食べるので、きつねのことは悪く言えません。ただ、生きているにわとりをつかまえることはしませんが・・・

    そんな始まりですが、主人公のアーノルドは他のきつねと違ってひよこがかわいくて大好き。家族はそんなアーノルドににわとりを食べるように言いますが、反発してサンドイッチを食べています。
    絵本の中なのでにわとりは私たちが食べるように、ちゃんと調理されて出てくるのですが。

    アーノルドは家族に内緒でひよこのお世話をする仕事に就くことになりました。優しいアーノルドをひよこたちはとても信頼しています。そこへアーノルドの兄弟がにわとりをつかまえにやってきて・・・
    にわとりを食べたいきつねの家族、かわいくてお世話したいアーノルド。ちょっと微妙な感覚はありますが、最後はハッピーエンドでよかったです。

    掲載日:2009/05/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット