ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

パコ」 みんなの声

パコ 作:森山 京
絵:広瀬 弦
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784591097731
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,192
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心の支えになるもの

    表紙の絵を見ても
    お話のイメージがわかりませんでした。
    縫い目の粗い 小さな像のぬいぐるみで
    ヒロくんの大切な心の支えだったんですね。
    お父さんはいないと思っていたのに
    離婚していた。。会うことになって
    パコはお父さんからもらったものだったと知るが
    その後 お父さんは死んでしまう。
    絵本にしては重いテーマを扱っています。
    幼児の読み聞かせにするには
    少しむつかしいお話かもしれませんね。
    ですが、成長していく上で
    いろんなお話を知って考えてみるということは
    大切なことだと思います。
    子育てを終えたおばあさんの私も
    絵本から学ぶこと、感じることが多々ありますから。

    掲載日:2016/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心の友達

    我が家にも「パコ」のように、肌身離さずにいるぬいぐるみがあって、心の友達と読んでいます。
    きっと、いつか卒業する火がくるのかもしれませんが・・・

    おしゃれな絵で、一瞬、海外の作品かと思いました。

    離婚や死という、重いテーマがあるので、子供はどう感じたのか・・・
    ラストが爽やかなので、あまり暗いイメージにならずに終われました。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • インパクト

    表紙の色のインパクトに惹かれたのでこの絵本を選びました。主人公の気持ちの移り変わりがとても繊細に描かれているのが良かったです。嬉しい事も悲しい事も話せる相手がいる事はとても幸せな事だと教えてくれる絵本でした。主人公の心の支えがプレゼントだったと知る瞬間がとても暖かい空気が流れていて感動しました。人と出会いの素晴らしさも感じられる絵本でした。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分身

    おとうさんの存在と別れを経験するヒロです。

    おとうさんは、ヒロが片時も離さずにもっていてくれたぞうのぬいぐる

    みを見たときは、どんなに嬉しかったでしょう・・・・

    おとうさんだって仕事を選んだだけでヒロとは別れたくなかったんだろ

    と思います。おとうさんとおかあさんの離婚も嫌いで別れたんではなか

    ったと思いました。大人の都合でさみしい思いをしてきたヒロに、水泳

    の選手となってスポーツに打ち込めてよかったです。

    思いっきり好きなことに打ち込められてよかったです。

    女の子の嫌いな時期ってあるけれど、リナにであってよかったです。

    パコも受け入れてもらえて本当によかったです。青春時代を思い出して

    淡い思いが蘇り爽やかな気持ちになりました。すっかり大人になった

    ヒロも素敵でした。

    掲載日:2009/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 存在と出逢いと

    最初、主人公のヒロくんの孤独さをかわいそうに思いました。

    いっしょにすんでいる母の存在が、距離を置いている感じだし
    父も家族より自分の仕事(都合)を優先させたんじゃないの?とヒロくんに対しての愛情が深いのかもしれないけど、ヒロくんからすればどうなの?とか・・・深読み過ぎ?(^^ゞ

    英国とかでテディベアが生まれた時から身近にあって、添い寝とかしないから小さい頃からの存在が大きいみたいですよね。
    ぬいぐるみは、嫌な事はしないし、喋りませんし、あたかも自分の気持がわかるような存在に思えたりするものです。

    幼稚園での嫌な思い出、父との別れ・・・淋しい時、辛い時にパコの存在に助けられます。でも、結局求めているのは“人”の存在。No.1だったパコを卒業する存在に出逢えてよかったね。

    意外に年齢の小さい子より、小学校高学年〜思春期の子ども達の方が、感覚的に同感出来るような気がします。

    掲載日:2008/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつまでも心に残る絵本です。

    • ぼのさん
    • 40代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    図書館で偶然見つけた、森山京さん&広瀬弦さんのコンビの絵本です!
    以前読んだ「おおきなテーブル」も「クー」も、すごくよかったので、こちらも期待して借りてきました。

    期待以上によかったです!

    まずは絵!「クー」同様、洗練された大人の絵・・・という感じで、一見、外国の絵本かと思ってしまいそうな・・・。主人公の少年「ヒロ」の表情やしぐさが、かわいくていじらしくて・・・。

    ストーリーも・・・。
    とっくに亡くなったと聞かされていた父親が急病で入院したので、突然、母親に連れられて、会いに行くことになったヒロ。
    赤ちゃんの頃からずっといっしょだった、小さなぞうのぬいぐるみのパコも連れていきます。
    小さい頃のパコとの思い出、飛行機の中で初めて聞く母親の話、病室での父親との会話、そして・・・???
    胸がキリキリ痛むようなせつないストーリーですが、さわやかな終わり方が素敵です。

    小2の次女に読みました(ちょうど、ヒロは小2という設定でした!)が、中学生の長女や長男にもすすめたい絵本です☆

    掲載日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット