ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

だじゃれオリンピック」 みんなの声

だじゃれオリンピック 文:中川 ひろたか
絵:高畠 純
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784871101691
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,956
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ユニーク!

    「おちてもへいきんだい」「ピンポーン!たっきゅうびんです」など、オリンピック競技と日常会話をコラボしたダジャレが満載の1冊でした。うちの子はダジャレがまだよくわからなかったようですが、もう少し言葉遣いがわかってくるようになる年齢になると、面白くなりそうです。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • だじゃれ好きの息子が店頭で選びました。ちょうどリオ五輪をやっていたので、タイムリーでもあるかなと購入。
    帰宅して早速読み、大笑い。その後も家族の誰かれとなく、「面白いから見てみて!」と読ませようとしていました。
    他のシリーズがあることに気づいた息子に、「全部欲しい〜!」とねだられました。
    3歳の娘も、何かの拍子に「ピンポーン! 卓球便です」と言ったりしてます。気に入ったのかな。
    大人が読んでも面白かったです。よく考えついたな〜と感心しました。

    ただ、コスパがあまり良くない(情報量が少ない、というか一発芸的なかんじ?)こと、よって、息子に一時的には非常にウケましたが今後ずっと読み続ける本になるか分からないこと、で星一つ減らした評価です。

    掲載日:2016/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 馬鹿馬鹿しいけど面白い

    子どもたちはだじゃれの達人だと思うのですが、その発想力を刺激しそうな本です。
    中川ひろたかさんは、かなり苦労してだじゃれをひねり出しているように思えるのですが、高畠純さんの絵が見事にアシストしていると思います。
    言葉あそびに使えると思いました。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • なかなか難しいよ

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    最近だじゃれが好きらしい8歳の息子のために借りてきましたが、
    絵が分かりやすく言葉も少ないので、
    3歳の娘が「わたしもよむー」と、参戦。

    ただ、「だじゃれ」は簡単なようで結構難しい。
    8歳の息子も、わかるものと分からないものがあったみたいで、
    わかるものの中では、一番シンプルな、

    「シンパンジー」 「バレーーボーズ」


    あたりで、
    しかも笑ってしまうのはちょっとプライドが許さないと思ったのか、
    「ふ、ふふん」と、押し殺した笑いを発していました。

    だじゃれ、知っててどうこうなるわけではないけど、
    言葉遊びとして親子で楽しめたらいいかなぁと思います。

    掲載日:2014/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • これは 子ども達と楽しみたいだじゃれのオリンピックですね
    テニス てにお酢をかけて だじゃれのおもしろさが 小学生に読んであげたいですね
    いろんな
    でんしょばと   なげやり   なかなか分かりやすくていい 
    だじゃれとオリンピックを結びつけたのがアイデアですね

    さ〜ぶ   ふるえてるなあ。

    他のだじゃれシリーズ読んでみま〜す

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • クスッ!!

    このお話は大笑いはできないのですが、クスッと笑える面白いダジャレがたくさん載っていました。題材はオリンピックの競技です。うちの子はオリンピックの競技をあまり知らなかったのですが、知っているものはダジャレの意味が分かって面白いって言って楽しんでいました。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 競技名を知らないと難しい

    冬季オリンピックが始まったので借りてきました。

    中川ひろたかさんの絵本はユーモアたっぷりで
    いつも笑いながら読むのですが、こちらの絵本は
    子供には少々ハードルが高いかな・・・

    お話というよりも、ダジャレが一言あるだけなので
    そもそもその競技名を知らないとダジャレが通じません。
    バスケットボール、バレーボール、水球などなど
    スポーツ好きのご家庭でないと難しいのではないでしょうか。

    掲載日:2014/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • バレボーズ」「へんし〜んグ」笑えます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳、

    中川さんお得意の「だじゃれ」絵本です。
    高畠さんの挿絵が的確で可愛くて、つい頬が緩んでしまいました。

    何でもないところで、いきなり「おちても へいきんだい」なんてやったら、ウケるか気味悪がられるかどちらかでしょうね〜(*^_^*)
    この時の落っこちていってるのに、すっごくいい笑顔をしている体操選手の表情がいいんです(高畠さん、すごいです)!!
    あと、絵がウケたのは「バレボ〜ズ」…坊主さんたちがバレリーナのパニエを着て、バレーボールのコートの中で踊っていました。
    と、「へんし〜んグ」…フェンシングの格好の人が、変身しかけてる。
    でした。
    どれも単純明快でたのしいだじゃれでした。

    掲載日:2012/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • オリンピックをしらない長女

    「だじゃれシリーズ」にはまっている長女。オリンピックを知らないのに借りてきました。カヤックやカヌー、審判もわからないのに、なぜか大爆笑。確かに面白いんですけどね。よくこんなに思いつくなーと毎回思います。長女はもう見なくても、言えるようになりました。今年のオリンピックで、きっと覚えたダジャレも出てきそうです。

    掲載日:2012/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑ってしまうのがくやしい

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳

    笑ってしまうのがくやしいだじゃれのオンパレードオリンピック編。
    一つ一つかなりくだらないんだけど面白い!
    よく思いつくもんです。
    絵がよく表現していて伝わりやすかったです。
    だじゃれが好きな息子はツッコミながら楽しんでいましたよ。

    掲載日:2012/03/30

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / さるのせんせいとへびのかんごふさん / がたん ごとん がたん ごとん / ドングリ・ドングラ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット