おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

地球はえらい」 みんなの声

地球はえらい 作:香原知志
絵:松岡 達英
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年11月
ISBN:9784834013764
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,183
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 聞きやすい

    四歳の子には早いかなって思ったのですが・・・意外によかったです!!文が下の方に書いてあるんですが、適度な感じで、絵もきれいなので子供も最後まで楽しんで見れていました。地球の事も考えれたりしていいと思いました。

    掲載日:2012/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球のつくり方?!

    我が子は5歳の時に「宇宙の映像を見て、その後に感じた宇宙を
    絵にする」というワークショップに参加しました。
    それ以来宇宙の惑星については大変興味を持っています。
    そしてワークショップでは「惑星はどうやってできたんですか?」
    と質問をしたのです。
    たしかに私も聞きたい質問でした。

    この本は、7歳になった先日見つけました。
    娘の疑問にとってもわかりやすく答えているので
    とても感動しながら聞き入っています。

    地球・生きもの・恐竜・機械ができた経緯を簡単に
    とてもわかりやすく伝えてくれています。
    たぶん小学校高学年の子も納得するでしょう。

    自然破壊のことにも触れており
    大切な地球を考えることができます。
    お薦めの1冊がまた見つかり嬉しいです。

    掲載日:2011/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!

    • いーめいさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子9歳、男の子6歳

    今年度改訂された国語の教科書で紹介(6年生)の1冊。

    地球の歴史が非常にわかりやすく描かれています。
    読み聞かせしましたが、6年生もしっかり聞いてくれました。
    視点が地球ですので、人類の登場はほんの少々。
    出来立ての海の中の絵や銀河の写真などにいい反応がかえってきました。
    生き物のつながりの学習の後にこの本を読んで何を感じてくれたでしょう?

    イラストはリアルな松岡さんですから、もっと小さなこどもも
    恐竜など楽しめると思います。

    科学的な読み物の読み聞かせにいいなぁと思う1冊です。

    掲載日:2011/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球はすごい

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子7歳

    10歳の息子が熱心に読んでいました。
    題名だけで、借りてみました
    説明文が短いのに、行間に、絵の中に実に多くのことが
    表現されています。

    薄っぺらな絵本の中に、
    地球の歴史絵巻が繰り広げられていました。
    地球はすごいね。
    たくさんの時を経て現代を迎えているわけで、
    壮大なスケールに圧倒されました。

    そして、未来の地球はどうなっていくのか。
    人間の自然環境との対話は?
    このままでは危機が迫る。
    この感覚に息が詰まるほどでした。

    素晴らしい絵本に出会いました!

    掲載日:2010/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう!すばらしい科学絵本!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    まだ私しか読んでいませんが、これはいいです!うちの子ども達もきっと気に入ります。
    簡潔で分かりやすく、そしてとても大切なメッセージを受け取った気持ちになれました。
    この絵本は生活課の絵本として低学年の社会と理科の学習用に作られた「みぢかなかがく」シリーズだそうです。

    裏表紙に詳しい説明が書いてあるのですが、ぜひ、たくさんの学校で利用して、使ってほしいし、各ご家庭に1冊あってもいいんじゃないかしら。って、思うほど素晴らしい出来だと、私は思います。

    松岡達英さんのイラストも非常に分かりやすくて、文章をひきたててくれていて言うことありません。
    小学校低学年用というラインはあるみたいですが、親子で楽しく見るなら、幼稚園児でも十分OKです。
    この絵本は図書館で目に留まって借りてきたのですが、これはもう、近々我が家用に購入しようと、考えています。

    掲載日:2009/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奇跡の惑星

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    「宇宙への秘密の鍵」を読んで以来、娘と読む宇宙についての簡単な絵本を
    探している私。
    そして、恐竜のワークショップに参加して以来、恐竜ブームが来ている娘。
    どちらにも大満足な1冊でした。

    太陽の誕生から始まり、地球、そして命の誕生。海から陸へ。
    恐竜の時代を経て、ヒトの時代へ。
    地球の誕生からのカレンダーとして見ていることも興味深いです。1/1が地球の
    誕生とすると、ヒトが文明を持ったのは、12/31の20時なんだそうです!
    悠久の歴史なんて言うけど、長くて短いヒトの歴史。
    そんな「ヒト」が今地球の自然を壊したりしているという問題提起。

    とても読みやすい内容でつながった知識を得ることが出来、そして、これからの
    私たちのことを考えさせられる絵本です。
    広い広い宇宙の中で、地球が存在し、自分が存在する奇跡を感じて、
    鳥肌が立ちました。

    掲載日:2008/08/02

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット