貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

」 みんなの声

涙 作:鈴木 光司
絵:ほりうちけいこ
出版社:海拓舎
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784907727147
評価スコア 4
評価ランキング 23,696
みんなの声 総数 1
「涙」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人も一緒に感動

    小学3年まではまだまだ甘えがぬけない年頃。
    でも4年になったら、ナンダカぐんと大人に近づこうと背伸びをする。
    そんな年の節目に、一緒に読んでみてはいかがでしょう。
    見つけたのは図書館の大人の蔵書コーナー。
    ページをめくった瞬間に「これはこどもと一緒に読みたい」と握り締めました。案の定、ピアノに行く途中、子どもにちらっと見せたところ、その本だけは(あまり本を自分から読まないタイプ)自分のかばんに入れて、帰宅後も何度も何度も繰り返し読んでいました。

    新しい兄弟が生まれてくるひとつの家族の風景。
    子どもの目線ではなく、飼われているかめの視点にたった「こころ」に響く本です。
    イラストは、ほりうちけいこさん。
    ソフトでポップでカラフルな色づかい。
    子どもにも大人にも好まれるイラストからは、やらかい子ども達の笑い声やおかあさんおとうさんのささやき声が自然と聞こえてきそう。

    タイトルがちょっと大人向けですが、子どもにも十分に読める、そして「生きる」ということを考えられる、ステキな本です。
    この本をとおして、子どもとの会話がひとつ生まれました。

    掲載日:2008/08/04

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



木村カエラはじめての絵本出版記念連載

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット