ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ふとったきみとやせたぼく」 みんなの声

ふとったきみとやせたぼく 作:長崎 源之助
絵:鈴木 たくま
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年06月
ISBN:9784652007129
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,488
みんなの声 総数 2
「ふとったきみとやせたぼく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • びりっ子がんばれ

    ふとっちょで運動が苦手のコロッケ、やせっぽちで運動が苦手のエンピツ。
    運動会の徒競走でダントツのびり争いをした二人の夏の宿題は鉄棒の練習。
    そこにクラス委員のユカリが加わって、ユーモアたっぷりのお話です。
    拾った子犬も加わって様々な事件が起こる中で仲良くなった3人でした。
    鉄棒はクリアしたものの、運動会の徒競走ではやっぱり二人でびり争い。
    多少前のグループからの距離が縮まったから、まあいいか。
    二人ともがんばれ。

    思わず応援したくなるほど、コロッケもエンピツも一生懸命です。
    ただ、描かれ方が今にそぐわないかも知れませんね。
    自分にはこのほのぼの感が良かったのですが。
    3人とも良い子過ぎて、素朴すぎて、それが現代っ子には物足りないかも。

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 運動が苦手な子どもたちに読んで欲しい

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    学校の読み聞かせの時間に絵本ではなくて、児童書を読みが立ってみたいな、と考えていて、短めの児童書を最近読みあさっています。
    で、たまたまお会いしたかたが長崎さんの作品を大変褒めていらっしゃったので、手にしてみました。

    どこにでもいる普通の小学2年生のある夏休みのお話でした。
    題名通り、肥満ぎみの少年(家が揚げ物屋なのではあだ名はコロッケくん)と、ガリガリで体力ゼロの少年(あだ名はエンピツくん)の二人が主人公。それに何でもよくできるクラス委員長のユカリさんが、拾った子犬を連れてきて、物語は進行します。

    この本は子供向けに字も大きく、起承転結がはっきりしているうえ、子どもの目線で描かれているので、同世代の子どもたちにはとても読みやすい作品ではないかと思います。
    我が家の子どもたちにも薦めてはいるのですが、夏休みの感想文用の少し長い本にチャレンジ中で、今はまだ読んでいません。

    特に、ちょっぴり運動が苦手な子、鉄棒の逆上がりができない子にお薦めしたいです!

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット