だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

マジョモリ」 みんなの声

マジョモリ 作:梨木 香歩
絵:早川 司寿乃
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2003年05月
ISBN:9784652040256
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,366
みんなの声 総数 6
「マジョモリ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お茶会

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ふしぎなお話だなと思いました。
    つばきが招待されたマジョモリ。
    もう一人の女の子ふたばの正体はなんと…。
    こんなお茶会の時間いいですね。
    挿し絵もお話ととても合っていると思います。
    静かでやさしい雰囲気のお話です。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵物語

    日本版ふしぎの国のアリスと言おうか、冒険心と出逢いのファンタジーを、さりげなく春のお茶会でくるんだ美しい絵物語。大人の絵本。
    オチがとっても素敵です。ふわん、と柔らかな空気を残してくれる。
    時間が止まったかのような、優しい気持ちになるお話でした。
    そうね、時間のものさしが長いからね(笑)

    ヤングアダルト後半にオススメ。

    掲載日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母と娘の共有空間ファンタジー

    不思議な物語です。
    御陵といえば神のまつられた聖域。子どもたちが「まじょもり」と名付けた森のハナから招待状を受けたつばきちゃん。
    先祖代々神官の家という神秘性と、食べ物として扱われるお供物の御神饌。設定からしてとてもミステリアスです。
    生クリームを取りに帰ると、今度はお母さんの「ふたば」ちゃんが拗ねてしまうのですが、お母さんにも招待状が届きます。
    その後がまた不思議。
    つばきちゃんと同じ子どもにかえったお母さん。ハナちゃんとも知り合い見たいです。
    また、つばきちゃんとふたばちゃんの一心同体ぶり。

    女性には不思議のない物語なのかな〜。
    自分には不思議不思議がいっぱい残りましたが、心に残る作品です。

    掲載日:2010/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の中の少女心

    「西の魔女が死んだ」「裏庭」「エンジェルエンジェル」「りかさん」と読んでみて、この絵本を児童書のコーナーで見つけました。

    大人が「御陵」と呼び、子どもたちが「まじょもり」と呼ぶ森。誰も入ってはいけない森からつばきに招待状が届きました。

    森にいた神秘的な女の人から、御神せんを勧められるつばき。つばきの家では、御神せんに生クリームをつけて食べるという点に驚いてしまいました。

    西洋的なものと日本的なものの融合が、梨木作品には多いのですが、つばきの家で食べられているこの組み合わせは正にそうかなと思いました。

    「秘密の花園」など、禁断の森には、心そそられるものがありますね。そして禁断の森のティーパーティには心をくすぐられる要素があるのではないでしょうか。

    大人の中の少女心を呼び起こさせてくれる本だと思います。

    掲載日:2008/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も行きたい!

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ある朝、つばきの元に届いた手紙は、まじょもりへの招待状でした。
    誰も入ってはいけない『御陵』と呼ばれるその森へ、つばきは入っていきました。そこで、出会った不思議な女の人にお茶を誘われました。そして、もうひとりの招待客は…
    ちょっと不思議な空間、こんな場所に憧れます。たぶん、魔法使い…?でも、なんか違った雰囲気のその女の人の描き方、なかなか面白いですね。そして、細かい絵、本物に忠実に描かれた植物や家の中の様子が、またまた不思議さを倍増していました。

    掲載日:2008/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梨木香歩

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    内容だけ見てしまうと、わりとよくあるお話です。でも、梨木さんならではの味わいがあって、イラストの早川司寿乃さんのイラストがすごくいい感じに交わって、素敵な世界を見せてもらいました。

    絵本と言うには本の形態が少し微妙なタイプで、出版社の方がどのようなジャンルとしてこの本を作られたのか、ちょっと聞きたいところですが、絵本として紹介させていただきます。

    「木花咲耶姫(実際に神社にお祭りされていて、全国の霊山に花を咲かせる神様)」が、作品のベースになっていて、少女たちが不思議な「マジョモリ」へ誘われていくシーンはワクワクしました。
    木花咲耶姫は、文中で「ハナちゃん」というあだ名で呼ばれています。

    ハナちゃんが行うちょっと不思議な行動や会話が何ともいえず、絵本を読み終わったときには、短い映画を見せてもらったような気分になりました。
    うちの子どもたちの好きなタイプではなかったのが残念でなりません。興味のあるお子さん、ぜひ読んでみてください。自然に無理なく読めるのは、小学校の中学年以上かな?
    大人でも十分楽しめます。というか、大人の絵本かもしれません。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット