たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぼくにはしっぽがあったらしい」 みんなの声

ぼくにはしっぽがあったらしい 作・絵:中川 千尋
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年05月
ISBN:9784652008744
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 哲学…?

    しっぽがあったらしい…
    中途半端なケモノ…
    うろこだってあったかもしれない…

    これって、哲学…?って思いました。

    娘は、ところどころで「そりゃそうだ」とか、「それはない」とか、呟いていました。

    何かを想像したり、自分なりの答えを出したりするのって、楽しいです。

    かもしれない…
    たぶん…

    簡単なようで、難しい。
    小学生以上じゃないと、解りづらい内容かなって思います。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • そう言えば、私にも!?僕にも!?

    面白そうな題名に惹かれて手にとった。真面目な科学読本なのか、それとも空想のファンタジーものなのか・・・前者であった。でも小難しい語り口ではなく、ゴクゴク易しい口調で小学生の”僕”目線である。ちょっと面白い挿絵とともにその吹き出しも漫画のようで、あっと言う間に読みすすめられる。楽しく、タメになる、絵本でした。もしかしたら・・・と言うような新しい見解までも発想するちびっこがいるかもしれない。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今、私たちは 二足歩行で生活していますが 昔 むかし 大昔の人間のルーツをたどると 体には体毛もたくさん生えていたのかな〜
    今のように服もない時は 毛皮を巻き付けていた頃もあったのですね
    しっぽがあった びこつところに
    けものだった  うろこもあったかも?
    えっ? 触覚もあったの  超音波も聞こえる 無重力を知っている
    う〜ん なかなか 興味深い絵本です
    今 宇宙へいってる 飛行士がいたり研究が進んでいますが、これも人間の探求心がそうさせているんですね

    おもしろい本です!

    掲載日:2012/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 哲学的

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    ぼくにはしっぽがあったらしい。
    お腹の中にいるときは、人間も動物も魚も皆同じ姿だったらしい。
    いまは骨にその名残があるだけ。

    人間と他の動物の違い、進化の過程、それらのことが分かりやすく書かれていて、僕にそれがあったら、と想像するのも楽しいです。
    少し哲学も混じっている感じがします。

    絵も多いし、字もひらがな多様で、読むだけなら未就学児でもできそうですが、やはり理解するとなると小学生以上ではないでしょうか。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思わずあちこちさわってみた

    しっぽ、け、うろこ、しょっかく、超音波、
    人間を定義するときに、あまり出てこない「材料」ですが、むずむずしたり、ざわざわしたり、そわそわしたり、ぴくぴくしたりをつきつめていくと、ああ、この辺にありそうだ!というものばかり。
    なかがわちひろさんが、これをユニークに語って描いてくれています。
    ん〜〜、ほんとにおもしろい!
    そして深い。
    胸に手をあててゆらゆらふわふわと遠い記憶をたどり、広い宇宙を感じました。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然に興味がわく

    児童書ですが、文章が少なく絵もふんだんで早く読めました。

    人間のルーツを探っていくのですが、それがとても軽妙に時にコミカルに書かれていておもしろく読めました。

    人間は進化した高等動物というようないばった視点ではなくて、動物のすぐれた感覚に畏敬の念をはらっている感じを受けました。

    お勉強しましょう的な堅苦しさもなくて、自然に人間や人間以外の生物に興味を示すことができるお話だと思います。

    掲載日:2009/03/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間について、考えてみよう!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    昔、上の子が幼稚園くらいの時に読んであげた記憶がありますが、本人が忘れているので、読んだ年齢は大人にしておきました。
    生命の神秘に興味があったり、ちょっと不思議なことに興味があるお子さんなら、幼稚園くらいから十分楽しめる絵本に近い児童書です。

    人間という生き物について楽しく、大きな字とイラストで説明してくれているので、とても読みやすくなっています。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / ペレのあたらしいふく / ちょっとだけ / つみき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット