大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

スニちゃん、どこゆくの 韓国の四季の絵本・春」 みんなの声

スニちゃん、どこゆくの 韓国の四季の絵本・春 作:ユンクビョン
絵:イテス
訳:黛まどか
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784582831627
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イ・テスのイラストがとっても素敵!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    イ・テスの風景や登場してくる小動物の画がとっても素敵で、二人の子どもを呼び寄せて読みました。
    春らしい、とても素敵な絵本でした。

    日本でも山間の村や、昭和の中期くらいまでは、似たような家族構成で、似たような生活が見られたのではないかと思います。
    読んでいると、懐かしいような気分になりました。

    イ・テスの観察眼や表現力はそれは素敵で、
    縁側や土間、家の塀沿いに置かれた農機具やトタンの茶色いさびまで、ものすごく細かくリアルな情景を描いてくれています。

    スニちゃんについて足元を付いてまわる子いぬ、その仕草が可愛いんですよ。山間の草花や近隣の人々まで、ホントに細かく表現されていて、何度見ても飽きません。
    一つ、日本の道端と違うのは、御神木のそばに立っていつ「チャンスん」という人の顔した守り神みたいなやつ。
    日本なら、ここにいるのはお地蔵様か、お狐様ですよね。
    読み語りなら、低学年から高学年まで楽しめると思います。
    あたたかな春のお話会にお薦めします。

    掲載日:2010/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 韓国絵本

    私自身が韓国絵本にとても興味があるのでこの絵本を選びました。以前”さいごにのこるの、だあれだ”という同作者による絵本を読んだ事がありとても素敵だったのでこの絵本も期待しました。韓国の田舎の暮らしをとても分かり易く紹介していたのが素晴らしかったです。私が好きなのはお母さんが主人公に話しかける場面です。年上であるおじいちゃんのことを言う時にとても丁寧に尊敬の心を持って言葉を選んで話す所が素敵でした。そして、素晴らしい韓国の農村風景が全てのページに丁寧に描かれていたのが心に響きました。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット