十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

おかあさん どーこ?」 みんなの声

おかあさん どーこ? 作:わかやま しずこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\714+税
発行日:2008年05月
ISBN:9784494007677
評価スコア 4.18
評価ランキング 16,507
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • みんなおかあさんがすき

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    動物のこどもたちがおかあさんのもとへ。
    おんぶされたりだっこされたりこどもはおかあさんが大好きなんですね。動物でも人間でもそれは同じでしょうか。こどもから母親、母親からこども、双方の愛情を感じると嬉しくなります。
    最後、ぶたの親子がちょっとお茶目ですね。かわいいです。

    掲載日:2014/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんを見つけた

     ひよこ、こねこ、こいぬ、そしてこぶた。みんな「おかあさん どーこ」とさがしています。おかあさんを見つけた子どもたちの、表情がほほえましいです。
     おかあさんといっしょは、うれしいですね。

     リズム感のあるくりかえしの文章と、あたたかい色で描かれた絵がいいなと思いました。読み聞かせをしたら、子どもも大人もリラックスできそうな絵本です。

    掲載日:2014/08/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • この本は好き

    • Rimiさん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    本に全く興味を示さない子供でしたが、この本だけは好きでした。

    動物のこどもがおかあさんに鳴きながら寄って行って、優しく受けとめるおかあさん。というおはなしです。
    読みながら本と同じことができるので(だっこしたり、膝にのせたり)、親としても嬉しいし子供も喜んでくれます。

    動物の鳴き声、子犬の「くん、くーん」や子猫の「みゃー、みゃー」も聞いていて楽しいようで、またこどもとおかあさんで鳴き声が違うのでバリエーション豊かで飽きなかったのかな、とも思います。

    まだ0才でしたが、例えばお風呂でぐずっても「くん、くん、くーん」と話しだせば、ピタッと止まって笑ってくれたことを思いだします。

    この子は3歳になり、今でもあまり本に興味を持ってくれませんが(笑)
    この本の思い出だけはしっかりあるようで、いつのまにか全部暗記していて、今は妹に自らこの本を読み聞かせしちゃう程です。

    親子で体も心も温かくなれる本です。おすすめです。

    掲載日:2014/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんが見つかった安心感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    小さい子向けおはなし会用にセレクト。
    ひよこやこいぬ、こねこがお母さんを探して、見つかった嬉しさが描かれています。
    おんぶ、だっこ、おひざ。
    ラストのこぶたはちょっと趣向が違いますね。
    これはどうコメントしたらいいのでしょうか。
    でも、子どもたちの笑いのツボは押さえてありますね。
    できれば聞いている親子にまねっこしてもらおうと思っています。

    掲載日:2013/11/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛らしい一冊です

    読み聞かせの会で頂いた本でしたが、とても心が温まる作品で、絵も可愛くて、娘は何度読んでも飽きないようです。本棚から持ってきて1人で絵をみている時もあります。
    背表紙には、ぶたの親子の絵が書かれており、読み終わりに娘は真似をして、チューとしてくれます。

    掲載日:2012/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • わんわんが言えるようになったら、楽しい!

    • ブレッドさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子1歳

    0才のときは全く興味がなく、1才半になって、「わんわん」や「にゃあにゃあ」が言えるようになったら、急に「読んで」と持ってくるようになりました。
    「わんわん」「にゃあにゃあ」「ぷいーぷいー」のとこは、先に読まれてしまいます…。
    泣き声のリズムがいいみたいで、最近お気に入りの1冊です。
    犬や猫を飼ってるおうちの子はもっと早くから楽しめると思います。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふれあえます

    ブックスタート事業でいただきました。

    くっきりとした太い線、短い文の繰り返し、
    なじみのある動物たち、それらの鳴き声、
    優しい語りなど、読みやすく赤ちゃんにぴったり。
    おひざ、だっこ、など読みながら、
    また読んだ後も触れ合えます。

    ファーストブックにもよさそうですね。
    いただいてよかったと思った本です。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんのそば

    おひざ・おんぶ・だっこと、動物の赤ちゃんがお母さんにくっついています。
    子供って、本当にくっついてきますよねー。
    我が家では「くっつき虫」とよんでいます。

    どの動物の赤ちゃんの「くっつき虫」っぷりも、かわいくて、こちらも癒されます。
    最後は、ブタのお尻で笑えますよ。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいらしい絵本

    区から推奨で、いただいた絵本です。子供に読んであげたところ、反応がよく、ねこのページで必ずとまります。動物の赤ちゃんがお母さんを探す絵本です。動物の鳴き声の繰り返しが子供にはよいのかもしれません。読みやすく、子供が自分から読んでと私の所に持ってきます。

    掲載日:2011/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい動物の親子たち

    「ぷいぷいぷー」ぶたの赤ちゃんの鳴き声が、私のお気に入り。
    息子はというと、「くんくんくーん」の犬の赤ちゃんの声がお気に入りみたいで、「くんくんくーん」を何度もリピートします。
    リズムのある文で読みやすく、太い輪郭線の絵があたたかい感じで、赤ちゃんにぴったりの本です。

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / がたごと ばん たん / ミニ版 はらぺこあおむし / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット