うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

風力鉄道に乗って」 みんなの声

風力鉄道に乗って 作:斉藤 洋
絵:佐々木 マキ
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1990年10月
ISBN:9784652004715
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,258
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな旅をしてみたいです

    渉くんという受験を控えた小学生の男の子が、ある日曜日のこと、
    模擬試験に行く途中、電車を乗り違えます。
    でだしのあたり、彼が問題集を読みながら駅で電車にのる。
    その文章の科見合いが、、映画みたいなんです。
    そしてその電車がなんだか変だと気づきます。
    それは隣り合わせの異次元にあるらしい国の風力鉄道でした。
    渉くんは模擬試験には間に合わず、
    風力鉄道の旅を続けるはめになりますが、
    この鉄道はかなり面白いです。
    おもしろいだけじゃなくて、考えさせられることもあります。
    佐々木マキさんの挿絵も楽しいです。
    行き逢った人たちというのか、どうぶつたちと言えば良いのか、
    だんだん仲良くなって、最後別れるときは悲しかったです。
    でも、また行けるのです。春休みになったら。楽しみです。

    掲載日:2016/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷い込んだふしぎな列車

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    模擬テストの日に間違えてふしぎな列車に乗ってしまった渉。
    乗っている人はキツネだの毛むくじゃらの車掌だので…ふしぎな列車どころかふしぎな世界へ行ってしまった!?
    私ならもっと混乱してしまいそうですが、午前の模擬テストには間に合わなくても午後のテスト解説には間に合うだろうか…と考える渉くんはおおものかも。
    列車の人々は見た目はともかく中身はいい人ばかりなんですけどねー。
    考え方についてちょっと考えさせられたり。
    人に助けてもらったら今度は別の困っている人を君が助けてあげればいい、という考え方はいいですね。

    掲載日:2016/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいお話

    佐々木マキが挿絵を描いていることから息子が「どうしても読みたい」と言った児童書です。作者は斉藤洋。

    主人公の男の子が、中学受験を控えた小学六年生。内容的に、高学年と思われるのですが、息子は毎日一章ずつ聞いていました。
    ぼくが塾に行こうと中央線に乗ったつもりが、動物人間のたくさん乗っている風力電車でした。

    読み始めて気付いたのは、「バリツノネツキ」「チミレカワ」という特有の名前が、逆さまから読むと「キツネノツリバ」「ワカレミチ」と意味がとおる名詞になることでした。

    風力電車なので、風が吹けば進みますが、風が止めば停車してしまうと、気ままな感じ。

    止まったしまったところで乗客たちが潮干狩りを始めるところに驚きました。

    息子は内容がすべてわかるというわけではないと思いますが、いかにもおもしろ系のお話を楽しんでいました。

    斉藤洋らしいおもしろいお話です。

    掲載日:2008/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット