雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

うそつきの天才」 みんなの声

うそつきの天才 作:ウルフ・スタルク
絵:はた こうしろう
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1996年11月
ISBN:9784338133036
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スタルク作品の原点でしょうか?

    スタルク作品の原点でしょうか?   ☆☆☆☆☆ (10歳)

    ウルフ・スタルクの自伝的な小編が2作。
    うそつきだった自分、作文を友だちと競い合った自分。
    スタルクの作品の面白さの基礎がここにあったのかと納得しました。

    「うそつきの天才」
    親のサインを模倣して自慢していたら先生にばれてしまったウルフ。
    親に本当のことを話さなければいけないと思ったら、ウルフは家出してしまいました。
    そこからの道中に繰り返されるうその連発。
    あれこれあって家に戻ったウルフが改心するのかと思ったらやっぱりうそつきが始まりました。
    でも、ウルフは夢を見ているのです。
    空想の世界の主人公になっている自分。
    子供らしくていいと思うけど。
    子どもも納得でしょう。

    「シェークvs.バナナ・スプリット」
    ライバルのヨーランと作文の評価を競うウルフ。
    先生の評価に納得のいかないウルフは、難しい言い回しを多用して「これじゃわからん」と言われたり、サービス満点の比喩を多用して「つまらん冗談をいうな」と言われたりします。
    このサービス満点さがスタルク作品の制作信条だと思うのですが。
    最後のどんでん返しが面白い。
    ヨーランの読み上げた作文はノーベル作家スタインベックのパクリ。
    それより面白いといわれたウルフの作品は、実話のような創造。

    スタルクは人まねをしない作家、サービス精神旺盛なほら吹き作家なのです。

    自分の方が納得です。

    掲載日:2011/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと、トム・ソーヤに似ています。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    スタルクの作品は結構好きです。
    いくつか読んできましたが、これは今まで読んできたものに比べると、ちょっと届けたい年齢層が上がりそうです。

    主人公の少年は小学校の高学年くらい。
    ちょっとしたいたずらが原因で、家出してしまいます。
    良くも悪くもやんちゃなうそつき加減が、「トム・ソーヤ」に似ている!と、思いました。

    家出中、警察に補導されそうになり、知らないおばさんのうちに上がりこんで、自分の親だといいきちゃうトコロは、読んでいて吹き出しそうになりました。

    「児童書」というより絵の多い絵童話に近く、文章も、普通の児童向けの童話や小説より短いので、本を読むのがあまり得意でないお子さんでも楽しく読めるのではないでしょうか。
    特に同じ年頃の男の子たちに読んでほしいな〜と、思いました。

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット